大阪の建築設計事務所 atelier waon(アトリエワオン)

01/24/2002 木製建具の取付け
 今日も朝から現場は大混乱!たくさんの業者さんが来てくれています。今日から建具屋さんが木製建具の取付けに来てくれています。あらかじめ採寸しておいて、それにあわせて建具を製作しておいたものを取付けていくのですが、調整がとても微妙で、カンナで削りながら1つ1つ丁寧に取付けられていきました。

01/23/2002 照明器機取り付け!
 今日も朝から凍えるような寒さで、皆震えながら作業をしています。大工工事では、棚が大体出来上がり、外部の庇の取り付けが始まりました。照明器機もどんどん取り付けられていて部屋が出来上がっていきます。それから、今日は受電がありました。電気屋さんが一番緊張する時です。が・・・無事、電気がつきました。電気屋さんは、「この瞬間が一番嬉しい時で、今までの苦労が報われる時だ!」と言っていました。僕も、そうだと思います。そういう瞬間があるからこそ辛いことも乗り越えられるし、次も頑張ろうと思うのだと・・・。

01/22/2002 浴室タイル張り
 今日はとても寒い日でした。朝から小雨が降ったりやんだりで、うっとうしい天気でした。工事はといいますと、各業者さんとも最後の追い込みです。今日は浴室のタイルがほぼ張り終わりました。10・角のタイルを使うのですが、なるべく中途半端なタイルが出来ないように割り付けて、丁寧に張っていきます。ほぼ1日で完成しました。ピッチリとしてるでしょう!

01/20/2002 足場解体!
 今日は日曜日ですが、今の現場に日曜はありません。職人さんさんごくろうさまです。今日は朝から足場屋さんが足場をばらしていきました。久しぶりに建物の全貌が明らかになりました。ついに来たなという感じです。他にクロス屋は、1階の天井を張り、左官屋さんはお風呂の下地をやってくれました。

01/19/2002 いよいよ追い込み!
 全ての工事が急ピッチで進んでいます。今月の30日に引渡しなので、いよいよ佳境に入ってきました。設備工事も追い込みで、配管配線も最後の段階になっています。2階も階段手摺がついて完了です。あとは、1階のみとなりました。後は無事工事が完了することを願うばかりです。

01/18/2002 ついにルーバーが!
 今日も現場は満員御礼です。今日ついに、3階のルーバーが付きました。下地を1本1本欠きこんで、そこに格子を1つずつ止めていきます。明後日に足場が無くなるので、大急ぎで取り付けています。1階2階と違って3階は寒い寒い!大工さんは鼻水を垂らしそうになりながら(だいぶ垂らしながら)頑張ってくれました。

01/17/2002 クロス工事
 今日から、クロス屋さんが入ります。クロスを張る前に、石膏ボードの継ぎ目、釘やビスのへこみをパテで埋めていきます。凹凸を無くしてからクロスを張っていきます。

01/16/2002 床の間!
 今日はあいにくの天気ですが、頑張っていきましょう!ということで、今日もたくさんの職人さんが来ています。浴室では左官屋さんが浴槽の下地のモルタルを塗り、電気屋さんは天井に照明の穴をあけ、美装屋さんは木にワックスを塗り、ペンキ屋さんは出窓の塗装をし、もう書ききれない程の作業が行われています。今日は、床の間が完成しました。落とし掛けはサルスベリで、取り壊す前の家で使われていたものです。新しい家に、また一つ、深い思いが込められました。

01/15/2002 コーキング
 内部工事も進んでますが、外部ではコーキング屋さんが頑張ってくれています。サイディングとサイディングの間の目地にコーキングをうっていくのですが、ラムダには細かいピッチで段差がついています。そのために、マスキングテープを張るのも、コーキングをうつのもとても難しいようです。しかし、さすがはプロ!綺麗に仕上がっていきます。

01/14/2002 階段完成!
 今日もたくさんの職人さんが来ていて、現場は大盛況です。大工・電気・コーキング・美装の職人さんです。これだけの職人さんに入ってもらうととても進みが早くて、見る見る内に出来上がっていきます。今日は、階段が完成しました。踏面の寸法といい、勾配といい文句無しに仕上がっています。

01/13/2002 システムキッチン据え付け
 今日は、システムキッチンの工事がありました。色々と手直しがありましたが、無事に据え付けられました。今日は、日曜日ですが、左官屋さんに美装屋さんも来ていただきました。皆さん御苦労さまです。

01/12/2002 階段!
 水道・ガスの内部配管もほぼ終わり、2階も大工仕事はほぼ完了です。さぁ!内部は1階を残すのみとなってきました。今日は、階段の側板の加工です。高さと長さ、段数がわかっています。その間隔を計算して出していきます。写真は、大工さんが計算機を片手に墨付けをしているところです。

01/10/2002 すごい数…
 3階と2階のバルコニーに、杉の竪格子が付くのですが、その数がなんと!270本近くあります。外部なので防腐剤の入った塗料で塗っていくのですが・・・塗装屋さん2人でほぼ2日かかりました。イヤー!大変!

01/09/2002 風邪が大流行!
 さぁ!現場は、ラストスパートに入っています。毎日、沢山の職人さんが入ってきて、現場はいつもパンク状態です。その分、一気にスピードアップしています。只気がかりなのは、みんな風邪をひきかけていることです。悪化しないことを祈っています。外部の機器も取り付いてきました。

01/07/2002 2階の壁が…
 只今、2階の天井の下地が終わって、壁の下地に工事は進んでいます。手摺の下地を入れたり、エアコンの下地を入れたりしています。間仕切りドアは、ほとんどが吊戸になっていて、開ける時の負担が少ないようになっています。写真は、鴨居が入った状態です。すごく部屋の雰囲気が出てきたと思います。

01/05/2002 2階も順調です。
 工事は只今1階・2階別れて進行中です。2階は、押入やクローゼットの下地・間仕切壁の下地・天井下地をやっています。1階では、サッシの枠を入れたり、ドアの枠を入れたりしています。写真は、2階の廊下の部分です。来週は、設備工事や建具の採寸などで、またまた、忙しくなりそうです。

01/04/2002 仕事始め!
 新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。 
 さあ!いよいよ仕事始めです。気合いを入れて頑張りましょう。と言っても、やはり正月空けいつものようには・・・いやいや、すぐにエンジン全開で頑張ってもらっています。今日3階がほぼ片付きました。エレベーターを降りてすぐの窓には、岸和田城がはっきりと見えます。写真では見にくいでしょうが、なかなか気持ちの良い場所になっています。ぽかぽか陽気の日には、ここで本でも読んだら気持ち良いだろうなぁ!

12/29/2001 仕事納め!
 今日で仕事納めです。昼まで作業をして、昼からは皆で大掃除をしました。掃除が終わり、綺麗になった建物を見ていると“色々あったけど、だいぶ出来てきたなぁ!”と改めて思いました。来年は4日から現場は始まります。1月末の竣工目指して、一丸になって頑張りたいと思っています。皆さん今年一年ありがとうございました!そして、来年もよろしくお願いします!良いお年を・・・今日は事務所の忘年会です。しっかりと飲ませてもらいます。

12/28/2001 サイディング完了!
 今日で、ラムダが張り終わりました。後は目地をコーキングすれば、もっとピチっとなることでしょう。サイディング屋さんは長い間来てくれていたので、少し寂しい気もしますが、おつかれさまでした!またお願いします!現場では、色々な人との出合いもあれば、別れもあります。

12/27/2001 ガラスの搬入!
 本日待望の「ガラス」がやってきました。立て付けが少し気になりましたが、問題なくガラスがサッシに取り付けられていきました。一気に家らしさが増しました。大工さんもお昼を食べる時に、暖かいので喜んでいました。

12/26/2001 換気扇
 さあ、今年の現場日誌もあと4日となりました。職人さんも今年中に少しでも進もうと、ピッチを上げて頑張っています。外部工事は、ほぼ終わり、内部工事に入っています。間仕切壁の下地をしたり、クローゼットを取り付けたりしています。平行して空調・換気工事も進んでいます。外壁に換気扇の穴を明けるのに、失敗は許されないので、慎重に何回も確認しながら明けています。ホント!どきどきしますよ!

12/25/2001 垂れ幕
 今日は、朝から気持ちのいい晴天だったのですが、昼から雨が降ってきて急に寒くなりました。それよりも今日は、我が“くらしの工房”ののぼりが来ました。なかなかかっこいいでしょう。現場の職人さんもがぜん気合いを入れて頑張ってくれています。

12/24/2001 クリスマスイブ
 今日は、クリスマスイブ・そして休日にもかかわらず現場の皆さんは、頑張ります。エレベーター工事が今日で完了しました。ものすごく速いらしく、一度竣工後に乗せてもらおうと思っています。皆さん!メリークリスマス!

12/22/2001 あと1週間!
 もう今年の作業も残り1週間になりました。悔いの残らないようにあと1週間頑張りたいと思っています。外壁は、順調に進んでいて裏側を只今張っているところです。電気配線と大工工事も同時進行中です。

12/21/2001 断熱材
 作業は、只今順調に進んでいます。部屋の外形が、だんだん出来てきました。写真は、断熱材が入った状態です。この上に、プラスターボードを張って(12oの厚みがあります。)そこにクロスを張って、内壁が仕上ります。

12/19/2001 ラムダとは?
 今日は朝からサイディングの材料とエレベーターの材料が入ってきたので、現場はごった返しました。1階の床もほぼ張り終わったので、だいぶ作業がしやすくなりました。サイディングはといいますと、西側は張り終わって、正面(南側)に入ってます。それでは、ラムダを紹介しましょう。高さ30センチ、幅3メートル、厚みが18ミリのラムダを下から順に張っていきます。見た目は、コンクリートの打放しのような感じです。

12/18/2001 エレベーター工事
 明日から、エレベーター工事が始まります。よって今日は、エレベーター工事の準備です。エレベーターシャフトの中を石膏ボードで囲っていきます。すると、なんか不思議な空間が出来ました。

12/17/2001 外壁工事
 今日から外壁工事に入ります。外壁の材料は、“ラムダ(押出し成形セメント板)”です。どんな材料かって?それは、張ってからのお楽しみ。写真は、下地が完了したものです。

12/15/2001 記念撮影
 今日は、大人数の作業です。大工さんが2人・電気屋さんが2人・サイディング屋さんが2人・そして僕と田中さんの総勢8人で作業をしました。みんな若いこともあり、とても明るくて活気のある現場です。最後まで無事工事が終わることを願って、『ハイ!チーズ!』ちなみに撮影は、田中さんです。

12/14/2001 寒い〜!
 今日は、とても寒い一日でした。各地で初雪が降ったらしく、岸和田も降ってもおかしくないくらい寒かったです。1階のサッシもおおかた入れ終わり、一段と家らしくなってきました。ただ、16時頃になると段々と暗くなってくるので、職人さんはとても作業がやりづらそうです。このように電気をつけて作業をしています。今日は、とにかく『早く外壁が欲しい〜!』の一日でした。

12/13/2001 工事現場とは?
 今日で2階まで、外壁下地が出来ました。後は1階を残すのみです。電気配線も、ここ3日間連続でやってもらっていて、かなり進んできました。
 最近になって、現場がうまく回りだしたような気がします。みんな、毎日顔を会わすので、少しずつ気心も知れてきたし、休憩時には、みんなでコーヒーを飲みながら話したりしています。
 “良い現場とは・・・?”1つのモノをつくり出すのは、たくさんの人達の協力が必要です。個人個人でやったのでは、決して良いものは生まれないと思います。一人一人が仕事という概念を超えて、単にモノを作る楽しさを感じ、やるからには良いモノを作るんだという思いを抱く。そういう思いに自然となる現場・・・それが、“良い現場では?”と僕は思います。工事に関わるみなさんどうぞこれからもお願いします。

12/12/2001 小屋裏収納
 来週から、外壁工事が始まるので、その下地工事を進めています。大工さんが、だいぶ今の現場に慣れてきたお陰で、工事のピッチがだんだんと上がってきました。頼もしい限りです。
 だんだんと部屋の輪郭が見えてきました。今日は、その中の1つを紹介しましょう。3階の小屋裏収納です。エレベーターを降りてすぐ左手にあります。収納部屋なので、天井は低いですが、南向きに窓が2つあるので、なかなか明るい収納スペースです。子供には、絶好の隠れ家・遊び場所になるでしょう。机を置いたら書斎にもなりそうだし、十分寝れそうなので、いつか泊めてもらおうかな・・・

12/10/2001 出窓
 一箇所、出窓があります。造り付けの出窓です。大工さんに、「30センチ位の出で考えてくれません?」と言うと、「あいよっ!」と一言。あれよあれよと、立派な出窓ができました。

12/08/2001 設備工事
 大工工事と平行して、設備工事も進んでいます。天井を張らないとこがあるので、注意をしないと、配線・配管が見えてきます。電気屋さんも水道屋さんも、「あっ!ここは、あかん!」「いや、ここもあかんで!」「あいた〜っ!ここも、あかんわ!」と言いながら、脳みそフル回転で仕事をしています。

12/06/2001 中間検査
 今日は、役所の中間検査がありました。最近の検査は、以前より厳しくなっているらしく、少し緊張しましたが、何事も無く終了しました。検査員は、確認申請の図面を手に、金物1個1個を入念にチェックしていました。
 一方、作業はといいますと、3階の床張りが終了し、いよいよ床は、1階を残すのみとなりました。平行してサッシの取り付けも進んでいます。

12/05/2001 再び防水!
 今日は、2階の外部と、浴室の防水工事です。前回と同じFRP防水を施していきます。早くお風呂に入って“いい湯だな〜っ!”って、自分の家の風呂じゃないっーの!

12/04/2001 2階の床終了!
 大工さん苦労の末、2階の床張りが終了しました。2階の床が、一番張りにくいとこだったので、多少ピッチが上がるでしょう。床が張られると、一気に家らしくなりました。なんか、自分家が出来ていくような錯覚を、最近感じてしまいます。

12/01/2001 大苦戦
 2階の床を張っているのですが、これが大変な作業です。床材に、Jパネルという杉板を3層重ねたものを使用するのですが、下地が一切ないので、Jパネルを張ったらそれが、仕上げになります。さぁそこで大変なのが、張ったら終わりということは、張る時にパネルに傷がついたり、隙間が出るとごまかしがきかないのです。大工さんは、割り付けを考えながら、一枚づつ丁寧に張っていきます。

11/29/2001 FRP防水?
 今日は、ルーフバルコニーのFRP防水工事です。FRP防水は、硝子繊維に、液状のプラスチックを塗り、プラスチックが硬化することで防水槽を形成する工法です。とても軽量で、強度も高いそうです。施行も早く、午前中で終わってしまいました。午後から2週間降りの雨が・・・さっそくFRP防水のお世話になりました。

11/28/2001 サッシ第一号!
 今日ついにサッシ第一号が、取り付きました。工事の進み具合が、目に見えてきたので、日々刻々と変わる現場は、とても楽しいものです。気掛かりは、防水工事まで雨が降らなければいいのだが・・・と言うことだけです。

11/26/2001 頑張らねば!
 少し工程が遅れてきています。まっ、遅れたものはしょうがないので、取り返さねばなりません。各業者さんも、工程表を元に日程を組んでいるので、色々と調整が、必要となってきます。役所の検査ももうすぐ受けなければなりません。改めて、建築工事というものは、たくさんの人の協力のだな。と感じている今日この頃です。現在の作業は、バルコニー部分の防水下地の真っ最中です。

11/23/2001 勤労感謝の日!
 今日は祝日にもかかわらず、職人は、朝から仕事です。本当にご苦労様です。一日で屋根は張り終わりました。今日は何の日?もちろん「勤労感謝の日!」です。

11/20/2001 好い天気!
 最近好い天気が続いています。屋根を葺くまでもう少しなので、何とかもってほしいものです。早く!早く!とばかりに、準備は万端です。

11/16/2001 わずかな隙間の向こうから…
 今日は、昨日張られた屋根の下地にトップライトが取り付きます。トップライトを取り付けるために屋根の下地に穴が明けられました。すると明けられた穴の向こうから、微かな光が舞い降りてきました。なんとも言えず不思議な気分になった後、なんか心地よい気分になりました。安藤忠雄氏が少年時代に、自宅の長屋の屋根が修理か何かで、取り外された時、いままで暗かった部屋に差し込まれた光に、いたく感動したと言う話を思い出しました。安藤氏の気持ちがわかったような気がしました。

11/15/2001 やっと屋根が!
 色々とありました。上棟後、天候に恵まれず作業が出来なかったこと、大工さんが目の手術で現場に出れなかったこと、などなど…やっと屋根が!と言っても下地ですが…いやいや、これでだいぶ違います。これからは、どんどん変わり行く現場をレポートできると思います。

11/13/2001 サッシ搬入
 今日は、朝からサッシの搬入がありました。いつも資材搬入がある時は、業者がくる前に置き場所を、たくさんの資材をかき分けて確保します。が・・・いつも足りなくて、焦ります。案の定、今日もそういう状況でした。思ったより凄い量で・・・ご心配なく!いつもちゃんと整理して、置いてますよ。

11/10/2001 またも金物!
 またも金物の話です。これは「筋かいプレート」と言って筋かいと柱と土台や梁を止める金物です。筋かいの数だけ両端につくので、なかなかの数になります。昔は、金物をまったく使ずに強固な建物を造っていたそうです。今より技術は格段に遅れていたのに…まったく昔の人の知恵には頭が下がります。また、金物の紹介はしていきたいと思っています。

11/09/2001 天井ができた!
 今日、朝から天井が貼られていきました。この天井は、ルーフバルコニーの下地材にもなっています。天井が貼られると、一気に部屋らしくなりました。大工さんの仕事は、とても高いところでの作業になります。竣工まで事故が無いことを祈っています。

11/08/2001 ヤンキーの木?
 木材は生きています。それは、柱や梁になっても変わりません。ヤンキーの木(性格の悪い木・・・)?どこの世界にもいるように、木の中にもいます。おとなしく収まってない奴が・・・木材には、木表と木裏があり、木表が木の表皮に近いほうで、木裏は芯に近いほうです。木は乾燥・収縮によって、伸びたり縮んだりします。芯に近いほうが乾燥・収縮が小さいため、木表のほうに木は反り返ります。もちろん材木屋さんは、木の性格を見て製材していくのですが、中にも性格の悪いのがいまして、どうなるかわからないのがいます。大工さんはそれらの性格を見て使い方を考えます。そういった所は時代が進んでも経験と感が大事なんですね!

11/06/2001 金物
 上棟が無事終了してほっとしたのもつかの間次の作業に入っていきます。今日は、金物で柱と梁を止め、筋かいを入れていきます。最近は阪神大震災などにより、構造に関して昔よりかなり厳しくなっていて、かつては無かった金物などがあらゆるところに使用されています。写真の金物は、羽子板ボルトと言って柱と梁や梁と梁を止める金物です。

11/02/2001 上棟!!
 ついに上棟の日がやって来ました。朝8時に作業が始まりました。総勢11人の職人さんがやって来ました。1階から徐々に骨組ができていく様は、時間を忘れるものでした。昼休みのころには、もう半分以上組みあがっていて、午後4時無事上棟しました。職人の動きに目を奪われた一日でした。

11/01/2001 土台敷き
 今日から、大工仕事に入ります。今日の作業は、コンクリートの基礎の上に桧の土台を敷いていきます。地震時に基礎から土台が引き抜かれないように、アンカーボルトという金具が出ていてそれを木材に通す穴を明けたり、床下の換気のためにパッキンを並べます。そしてその上に土台を敷きます。柱は土台の上に乗ってくるので、土台はとても大事な部材です。

10/29/2001 木材搬入!
 本日、木材の搬入がありました。木材は、朝8時頃、岡山より5t車・7t車の2台でやって来ました。120角の柱、120×300の梁など車一杯に積まれた木材の量は、大変なものでした。圧巻は、200角の桧の大黒柱です。凄い迫力でした。
 今回は、現地でプレカット加工されてきているので、土台敷きから始まって上棟まで約2日で出来るそうです。11月2日には、立派な軸組が姿を現します。乞うご期待!

10/25/2001 配管終了
 敷地外周の設備配管が終了しました。雨水配管・汚水配管・ガス配管・給水配管・電機配線・・・とたくさんの種類・数の配管に囲まれて生活していることを痛感しました。敷地内のコンクリート打設も終わりました。
 来週末は、上棟です。月曜に木材搬入の予定ですが、あまり天候が芳しくないようです。何とか良くなってくれればいいのですが・・・

10/22/2001 シンボルツリー
 設備配管もほぼ完了し、埋め戻しも終わりました。来週は、いよいよ上棟です。いそがしくなるぞ〜っ!
 写真のように道路側からスロープで玄関にアプローチしていきます。右手前にはシンボルツリーが立ち、迎え入れてくれます。お施主さんは当初、ケヤキを考えられていたのですが、もっとふさわしいのがないかなぁ?と熟慮されています。竣工まで、いや、竣工後もお施主さんの夢は尽きません。

10/19/2001 ジャ〜ン!
 やっと雨が止み、晴天になりました。型枠をはずしてコンクリートの基礎が現れました。                  で〜ン!
右側の基礎が倉庫になるの部分です。そして建物の本体が左側です。わずかに見える本体の左上の窪みがエレベーターになります。いよいよ輪郭がハッキリとしてきました。これから本格的に大工仕事が始まるぞ〜ッ!っと…待った、待った。その前にガス・電機・給排水の配管を通さねば!ただいま現場は、そういう状況です。

10/17/2001 雨・雨・雨…
雨・雨・雨です。今日も現場はお休みです。
せっせと事務所でお仕事、お仕事!
皆さん!台風に気をつけてくださいね。

10/15/2001 コンクリート打設!
 今日は、組み終わった鉄筋にコンクリートを打つ作業です。一人がホースでコンクリートを入れてゆき、もう一人が“バブレーター”と言う機械を使って、隅々までコンクリートがゆき渡る様にしていきます。写真参照!
 基礎とその上に乗る材木を金具で留めなければならないのですが、コンクリートを打つ時に、その金具も一緒に埋めてしまいますが・・・。しかし、金具がある場所に数本ないから、さぁ大変!せっせと埋めて、事無きを得ました。ふぅ〜〜!今日もスリル万点の現場でした。

10/12/2001 さすが〜!
 少しほのぼのしたお話です。
今回基礎のコンクリートを打つにあたって、コンクリートの端に少し欠き込みを入れることになりました。それをどうしようか・・・となったのですが、とりあえず職人さんに任せることになりました。すると職人さんは考えてきてくれました。最初はそういうパーツを注文しようと考えていたらしいのですが、自分で作ることにしたそうです。持ってきてくれたのが写真のものです。「これでどうや!」と持ってきてくれたものは、良くできていました。「さすが〜!」と答えました。さすが物つくりのプロですね。現場であったこぼれ話です。

10/11/2001 中間検査!
 今日は、型枠に続いて鉄筋工事です。朝から5人の職人さんが来て、ほぼ一日で組んでしまいました。ものすごい数の鉄筋でしょ!整然と並んでいる鉄筋を見ていると思わず「キレイだな〜」と感激してしまいました。これが、家を地震や台風から守ってくれるんですね。
 それから今日は役所の中間検査があって、基礎の鉄筋の検査をされました。一部指導された個所はありましたが、すぐに解決して検査は無事終了しました。役所の検査というものはなんだか緊張するものですね。

10/09/2001 型枠設置
 久しぶりに日誌を書きます。別にさぼってた訳ではありませんよ・・・あしからず。
 今日の作業は、型枠の設置です。基礎のコンクリートを流し込む時に、型枠を立てておかないと寸法通りの幅にできません。これもまた大切な作業です。
 地面とは垂直に、墨の部分は直角に・・・口で言うのは簡単ですが、素人には直角や水平はなかなか出せませんよね。現場で見ていると、さすが職人さんですね。素早い手付きであっという間に外枠完成!

10/05/2001 墨出し!
 今日は、墨出しと言う作業です。砕石を敷いた上に、墨出しをするためにコンクリートを打ちます。墨出しをするためなので、5cm程です。「捨てコン」と呼ばれています。その上に墨付けしていくのですが・・・(墨出しというのは、柱や壁の中心線や基礎の幅などを表記することです。)
 どうやって真直ぐな線を書くのかと言えば、墨を染み込ませた糸を、あらかじめとっておいた点と点に合わせて引きます。そして、糸を“ピンっ”とはじくのです。そうしたら綺麗に線が引けました。これは昔からの知恵ですね!
 明日はどんなことをするのかと思いきや・・・この辺りは、6,7,8日と祭りだそうで職人さんは、誰も来ないということでした。泉州の人は、ホントに祭好きです。

10/03/2001 あれ?
 今日も良い天気でした。お陰さまで、日に日に美白だった顔が・・・
 それはともかく現場情報です。今日の現場の状況は、写真のように掘削した穴に砕石を敷き、それをランマ−と言う機械で突き固めると言う作業でした。しかし・・・思いもよらないことが・・・図面では残っているはずの地面がない!?結論から言うと、もう一回、なくなった部分の土をを埋め戻して作業を進めることになったのですが・・・
 現場ではそういうことがつきもので、図面通りにはなかなかいきません。それは、もちろんミスではありません。いろんな条件によって実際にはできない部分と言うのが出てくるのです。どうしてもそうならない場合は、現場の意見を聞いて臨機応変にやらないといけない時もあります。なぜなら建物を実際に作っていくのは現場の職人だからです。ただ図面通りにやってくれと言うだけではいいものは出来ません。設計者の意図を最大限汲み取って、なおかつ現場での柔軟な対応も必要です。また一つ勉強になりました。

10/02/2001 堀り方
 今日の作業は、掘り方です。昨日紹介した遣り方に記した中心線に沿って基礎を打つ為に地面を掘っていきます。掘る深さも場所によって違うので、細かなレベルの確認が必要になってきます。そしてすべて掘り終わると、砂利を底にひいてその上に基礎を打つのですが、今日はここまで!また明日の作業となりました。

10/01/2001 遣り方?
 今日から10月です。気持ちも新たに頑張ろうと思った矢先・・・朝から土砂降りの大雨。今日はダメかな?と思ったら雨はすぐにあがり、工事を進めることが出来ました。解体工事は土曜日で無事終了し、今日から新たな段階に移ります。
 今日の作業は「遣り方(やりかた)」です。遣り方と言うのは、敷地に柱や壁などの中心線や水平線を設定するために打ち付けた仮設物の事です。写真を見て頂くとお分かりですが、誰もが一度は見たことがあると思います。杭は「水杭」と言い、それを繋いでいる材が「水貫」といいます。
 その作業を見ながら、早くもこれから建つ家を想像してワクワクしていました。

09/27/2001 工事8日目
 解体工事は、順調に進んでいます。ここまでくればもう先は見えた感じです。
 今はそうでもないのですが、解体は凄い音が出ます。しかし近所の方々は何も言わず現場でも気軽に声をかけてくださるので大変助かります。近所のみなさ〜ん!これからも宜しくお願いします!
 建築工事は、現場の職人の方々や近所の方々など本当にたくさんの力や理解で成り立っているんですね。

09/25/2001 解体工事
 さて現場はと言いますと、解体工事の真只中です。隣地との距離があまりないこと、増築部分が鉄骨とコンクリートブロックの混構造のであるために、職人さんは凄く気を使いながら作業を進めています。
 解体はすごくあっけないもので、いとも簡単に壊されていく建物を見ていると少し寂しい気になります。新しい建物がこの上に建ちます。しかし、それは過去の歴史や思いの上に建ってることを忘れてはいけないと思いました。

09/22/2001 建築概要
 今日は「N邸新築工事」の概要について書きたいと思います。場所は南海岸和田駅から徒歩10分位の閑静な住宅地にあります。西側を道路に面した東西に長い敷地で約49坪です。家族構成は70代の夫婦の二人住まいで、延べ床面積は約40坪です。計画は3階建てなのですが、高齢である住まい手を十分に配慮した設計になっています。最上階にはルーフバルコニーを設け、前回書いたような眺望と緑化することによってガーデニングも少し楽しめるようになっています。1階の庭は全面道路側の扉を開放することにで内と外を積極的につないだり、逆にプライベートな中庭としても利用できるようになっています。模型を作品集の中に載せています。

09/20/2001 工事開始!
初めまして!これから1月の竣工まで「一軒の住宅の完成」をレポートしたいと思います。現場は、岸和田市の住宅地にあります。現在ある建物の3階からは町のシンボルである岸和田城が見えます。夏には近くで花火大会があり、来年の夏は新しい家のバルコニーから見えることでしょう。工事完成まではこの眺望ともしばらくの間お別れです。  さーて、工事開始だーーーーーー!

大阪の建築設計事務所 atelier waon(アトリエワオン)