大阪の建築設計事務所 atelier waon(アトリエワオン)

07/22/2003 引越
ついに引越の日がやって来ました。
一足先に御施主さんの御両親が入居されます。
実は直前に電気工事の不具合が発覚し、前日(正確には当日ですが・・・)は午前2時頃まで作業をしていました。
本当に最後の最後にはバタバタして御施主さんには申し訳なく思っています。

今回も色々なことがありました。
嬉しかったこと、悔しかったこと、自分の無力を情けなく感じたこと、憤りを感じとたこと。
その一つ一つが自分自身のこれからの肥やしになると信じています。

御施主さん、業者さん、たくさんの人の協力によって素敵な家が出来ました。
本当に感謝!感謝!!です。

工事完了後も終りだと思っていません。これからが始まりだと思っています。
某建築家曰く、“建築の寿命は、その建築を思う人々の寿命だ。”・・・と。その通りだと思います。
住之江の二世帯住宅の寿命が少しでも長くなるようにしたいと思います。
皆さん。これからもよろしくお願い致します。
・・・そして、ありがとうございました。

〜完〜

07/19/2003 畳敷き
ついに、畳が入りました。
御施主さんが段取されたので琉球畳が入ることを実は知りませんでした。(笑)
一気に和室らしくなりました。

07/17/2003 庇工事
本日、庇の屋根工事がありました。
カーポートとバルコニーにポリカーボネートの屋根を取り付けていきます。
とても良い天気で日差しが強く、職人さんも麦藁帽子で作業されていました。
もうすぐ夏本番ですね。

07/15/2003 可動家具の組立
本日、可動家具の組立を大工さんがされました。
お施主さんが購入した、セフィットというオーダーメイドの家具を大工さんが組み立てていきます。
昼からは、メーカーの方も来られ、“あ〜だ!こ〜だ!と言いながら和気藹々と作業が進みました。
写真は組立が完成して、調整に苦労している所です。
普段は、部屋の隅に寄せて予備室とリビングを一室として利用し、来客があったときなどの間仕切として利用されるようです。

今日は、内装工事(カーテンレールの取付作業)が1人。電気工事が1人でした。

07/11/2003 玄関廻り塗装
本日、玄関廻りの塗装がありました。
北海道産のナラ材の玄関ドア、ポストなどが塗装され、ものすごく良い雰囲気になりました。
建具が建物の表情をもの凄く左右するという事も、今回の現場で学んだことの一つです。
材料の手配、製作の苦労、取付の手間など、たくさんの力によって家の顔が出来上がりました。感激です。

今日は、塗装工事が2人。美装工事が2人。金属建具工事(網戸、面格子の取付の作業)が2人でした。

07/09/2003 美装工事開始
本日は朝から晴天でした。
今日から美装工事が入りました。
埃や木の粉などで汚れていた窓がピカピカになって、部屋が明るくなりました。
美装工事は、潟gータルクリーンです。本日は3人での作業でした。

大工工事が本日で終了です。
今日は、道下さんのおやっさんと笠さんの2人でした。
庭のデッキ、木の面格子、ポストの板貼を施行されました。
最後はバタバタになりましたが、道下工務店の皆さん、長い間お世話になりました。

電気屋さんも1人で最後の追い込みをされていました。


現場を経験して思うことを一つ・・・

たくさんの業種がありますが、なんと言っても木造の建物では大工さんが主役だと思っ ています。(他の業種が脇役といってる訳ではないですよ・・・)
大工工事は他のすべての業種にからんでくるので、大工工事が建物の大勢を決める といっていいと思います。
やり甲斐も責任も人一倍が大工工事だと思っています。
最近は、施行の合理化や納まりの簡素化により、昔ほど大工の地位が絶対的で無く なってきていると聞きます。
しかし、大工さんがいい仕事をすれば他の業者にも少なからず影響を与えますし、現 場に緊張感が生まれると思います。
大工さんが現場の主役になるような現場をこれからも目指していきたいと思います。
・・・そのために十分な手間が(建築界全体の職人さんに支払われる手間の下落を耳 にして)支払われてるかどうかという問題が根底にあるのですが・・・



07/08/2003 養生撤去
今日も朝から雨が降ったり止んだりで、嫌な天気と思っていたら・・・
10時頃から晴れてきて、汗ばむ陽気になりました。もうすぐ夏ですね。

さて工事はといいますと・・・
大工さんは朝からデッキ工事をされました。3人で取り掛かり、2階のバルコニーは完了しました。

電気屋さんも追い込みです。今日でほとんど完了です。外部が少し残るとおっしゃっていました。

建具屋さんは玄関の門扉を取付ました。格子の門扉でグッと建物の表情が引き締まりました。

設備屋さんは電気温水器の調整にこられました。浴槽に湯を張り、追い炊き等のチェックも万端です。

内装屋さんがカーテンの採寸に来られ、クロスの補修もして下さいました。注意していてもやはり無傷ではいきません。もちろんいつも目標は無傷ですが・・・

最後に長い間お世話になった養生を取り外しました。大工さん4人と私でやりました。
から松の床が久しぶりに顔を出しました。いよいよ完成間近です。
明日から美装工事が入ります。

07/07/2003 完了検査
本日は、電気工事・板金工事・大工工事・設備工事が有りました。
写真は、森田板金の松原さんが2階バルコニーの手摺の笠木を加工しているところです。
設備屋さんは電気温水器の調整に、大工さんは階段手摺の取付・玄関ポストの作成をされました。

もう一つ。本日指定検査機関の完了検査がありました。
検査員が建物の隅々までチェックします。全て図面通りなので問題無いのですが、緊張するものです。
結果は??・・・
もちろん合格です(^^)v

07/06/2003 追い込み
今日は日曜日です。・・・にもかかわらず職人さんは工事に入っています。
まさに追い込みです。本当にご苦労様です。
写真は現場の現況です。
外部はほぼ完成しています。全工事が今週で完成の予定です。

本日は、建具工事が1人。電気工事が1人でした。

07/05/2003 外部建具工事
今日は、再び建具工事がありました。
勝手口の門扉と玄関ドアを吊り込む為です。
勝手口門扉はJパネルという杉の3層板を使用します。
黒の外部用塗料を塗ると焼き杉板のような雰囲気になります。

本日は、建具工事が3人。電気工事が2人。設備工事が2人でした。

07/04/2003 完成近づく!
今日も現場は賑やかでした。
タイル工事が3人。大工工事が4人。塗装工事が2人。樋工事が1人。電気工事が1人でした。

玄関の御影石貼。バルコニーの庇組。玄関の樋取付。外部の塗装。皆さん大活躍でした。
今日一日で一気に進んだような気がします。

07/02/2003 カーポート庇工事
昨日までとはうって変わっての晴天でした。
今日から大工さんが再登場で、外部の庇の工事に入ります。
まずは、カーポートからです。杉材を刻むとこから始めます。
道下工務店の職人さんが4人で加工していきます。
午後からは刻んだ木を組んでいきます。
今日は6時30分頃まで残業して頂き、写真のようになりました。

外構工事も本日でほぼ完了しました。
天候で思うように進みませんでしたが、越田建設の職人さんには、とても丁寧に仕事をして頂きました。有り難うございました。

本日は、大工工事が4人。外溝工事が5人。電気工事が1人でした。
明日も天気予報は午後から雨のようです。天気には勝てませんが、なかなか歯がゆいもんです。


07/01/2003 フェンス工事
今日から、カーポートの庇組や!と思っていたら・・・また雨でした。
明日から出直しです。

外構屋さんは、北側のフェンスを立てる為の柱を施行されました。
雨の中の作業は本当に気の毒です。

今日は、外構工事が1人。設備工事が1人でした。

06/30/2003 土間コンクリート打設
いよいよ、土間コン打設の日です。
土曜日が雨だった為に本日に順延しました。
朝から良い天気で無事打ち終える事が出来ました。
完全に固まるまで、何回も何回もコテで押えて均すので、
コンクリート打ちの日はいっつも残業や・・・とおっしゃっていました。

本日は、外構・左官工事が5人。電気工事が1人。設備工事が1人でした。

06/28/2003 建具塗装
本日は、建具塗装工事がありました。
吊り込まれた建具にオスモ(ドイツのメーカーで無公害塗料)のクリアーを塗っていきます。
白かった松柾目の建具が飴色に変わっていきます。
とても良い感じになりました。
写真は、格子の建具と格闘している佐藤建装の職人さんです。

今日は、塗装工事が2人。建具工事が2人。内装工事が1人。外溝工事が4人。設備工事が2人でした。

06/27/2003 難問!
今日は午後から雨が降り出し、外部は雨の中の作業となりました。
外溝工事3人、設備工事2人、電気工事1人でした。
明日は、メインの土間コン打設日です。天気予報では雨なので、最終決定は明日の朝になります。

内部では、建具工事が最後の難関に入っています。
2階の階段ホールからリビングに入るドアなのですが、2枚の建具同士が当たって閉まるという納まりの為、とても施行難度が高くなっています。
何度も何度も調整し、何時間もかかって、“す〜・・・ピタッ!”と2枚のドアが音も無く閉まるようになりました。
『う〜ん・・・さすが職人さん!!』と唸らずにはいられない僕でした。
ちなみに、写真が丹波シャッターの建具職人の藤坂さんです。毎日、亀岡の山奥から来てくれています。本当にご苦労様です。

06/26/2003 朝から快晴でした!
今日は、建具工事が2人、外溝工事が4人、設備工事が2人でした。

外溝は、犬走りの土間コン打設、U字溝の据付の作業でした。
設備工事は、電気温水器の配線・配管工事、汚水会所の据付などでした。
建具工事は、吊り込みは今日でほとんど終了し、明日吊り込んだ建具の調整をして、一先ず終了です。残りは外部の建具のみになります。

土曜日にすべての土間コンの打設予定なので、天気が心配ですが、どうやら思わしくないようです。一日伸びてくれるといいのですが・・・

06/25/2003 コンクリートブロック積
今日は現場も現場が活気付いています。
外溝工事が4人、設備工事が2人、電気工事が1人、建具工事が2人といった具合です。
土曜日にすべての土間コンを打つ予定なので、それに向けて急ピッチで工事は進んでいます。
写真は、道路側のCB塀を積んでいるところです。
仕上は外壁と同じ櫛引仕上です。
完成が本当に楽しみです。

06/24/2003 雨の中の作業
今日は朝から雨が降っていました。
外溝工事は中止だろうな・・・と思っていましたが、
職人さんは雨の中を少しでも進めようと作業をされていました。

写真は・・・??決して遊んでいる訳ではありません。
庭石を運んでいるところです。石がとても重いので、後ろに二人の職人さんが乗らないと前が浮いてしまうからです。
童話かなんかで同じような場面を見たような気がして(何か忘れましたが・・・)思わずシャッターを切ってしまいました。(笑)
越田建設さんの面々です。風邪ひきませんように。

本日は建具職人さんも2人で作業をされていました。

06/23/2003 大詰め
大詰めを迎えて来ています。

本日は、外溝工事の越田建設さんが3人、建具工事の丹波シャッターさんが2人、設備工事のオク水道さんが3人。計8人の職人さんが作業されました。

設備工事は、雨水の配管を埋める作業を、外溝工事は、コンクリートブロック壁の基礎を作り、建具工事は、建具の調整・吊込みです。

明日はまた雨の予報です・・・

06/21/2003 外溝工事開始!
今日は朝から快晴で、夏の太陽でした。

いよいよ外溝工事が始まりました。
越田建設の職人さんです。
道路廻りの古い側溝を取り除いて、新しくU字溝を埋めます。
そのために古い側溝を壊して撤去します。とても暑い日でしたので、午前中から汗だくでやって頂きました。

同時に基礎のコンクリートをモルタルできれいにしていきます。
何度も何度もコテで押え、ピカピカにしていきます。まさに職人技です。

建具工事も順調です。
写真は蝶番の穴を掘っているところです。
職人さんは京都は亀岡の丹波シャッターさんです。
毎日遠くから本当にご苦労様です。

今日は、外溝工事が5人、建具工事が2人の職人さんでした。

06/20/2003 外部腰板貼
今日は、午前中の天気が嘘のように、昼から太陽が顔を出しました。
久しぶりの晴れのような気がします。

今日は、大工さんが外壁の腰板を貼ってくれました。
備州産の杉板です。これに外部用の塗料を塗ります。

内部では、建具職人さんが今日から作業をされています。
吊戸レールを取付けたリ、引手を付けたりされていました。

本日は、大工さんが一人。建具屋さんが二人。左官屋さんが一人でした。

06/19/2003 雨水配管
久しぶりに外部の工事に取り掛かれます。

今日は、外部廻りの雨水配管工事です。
オク水道の井坂さんが1人で掘って、配管を埋めていきます。
重機が狭くて使えないので、大変な労力です。

明日の天気はどうなりますか・・・

06/17/2003 クロス貼完了
今日でクロス貼・床クッションフロア工事が完了しました。
工事開始から丁度1週間です。
写真は、クッションフロアを貼っているところです。
インテリア日高表装の井塚社長です。息子さん共々、誠実な工事をして下さいます。

内部工事は、残りわずかとなりました。
今後は、建具が入って、照明器具・住設機器が取り付き、畳が入れば完成です。
気掛かりは・・・外溝工事です。
金曜日から本格的に工事に入りますが、まったく工程が読めません。

06/14/2003 梅雨・・・
梅雨です。本格的に梅雨です。
昨日が雨で、本日外部配管工事を行う予定でしたが、作業中に大雨が・・・
結局せっかく掘った穴が水浸しになってしまい、工事出来る状態では無くなった為、やむなく中止です。
天気には勝てません。来週の天気が気掛かりです。

内部は、天気にもちろん関係なく順調に進んでいます。
クロスもほとんど貼られました。室内がグッと締ってきました。

本日は、オク水道さんが1名。
インテリア日高表装さんが2名でした。

06/12/2003 外部足場解体
本日、外部の足場が解体されました。
且O共開発の職人さんが2人でばらしていきます。
すばやい動きであっという間に建物が姿を現します。
ついにここまで来たか・・・さあ!ラストスパートです。

内部では、クロス貼も順調に進んでいます。
もう1/3は貼られてるかな。本日は3人の職人さんが作業をされていました。

06/11/2003 外壁工事完了
ついに梅雨入りでうっとおしい日が続きますが、昨日、今日は何とか外部工事も進み、
本日で外壁工事が完了です。

昨日は森田板金さんが小雨の中、樋の取付を、
本日は、トータルクリーンさんが外壁廻りの清掃をされ、
明日は、いよいよ外部足場の撤去です。

内部では、2階よりクロスが貼られていっています。

06/09/2003 クロス工事
本日よりクロス工事の開始です。
まずはクロスの下地ごしらえとして、プラスターボードのジョイント、ビスの頭等をパテで平滑にしていきます。
2〜3回、この作業を繰り返して凹凸をなくし、その上にクロスを貼っていきます。
クロス工事の担当は、インテリア日高表装さんです。本日は2名の職人さんでした。

道下工務店の道下さんも本日来られて、残りの巾木の取り付け工事をされました。

06/06/2003 サハラ櫛引
本日は待ちに待った櫛引の施工です。
佐藤建装の佐藤社長も今日は参戦です。
悪い足を引きずりながら、施工されていました。

午前中に軒・出窓部分のフラットを仕上、
昼前からいよいよ櫛引の施工に入りました。
南側は日がガンガン当たって材料が乾きやすく、さらにクラック防止の為に弾性の材料を使用している為、より表面が乾きやすいそうです。
時間の勝負だとおっしゃっていました。

写真のように最初にコテで材料を4o程度塗り、
その後、櫛コテで丁寧に、そしてラフな感じに塗っていきます。
施工中は職人さんの緊張感がひしひしと伝わって気ました。

06/03/2003 2Fキッチン工事
今日は、2階のキッチン据付工事です。
サンウェーブの職人さんが2人での施工です。
面材の色は、お施主さんがいろんな色の中から悩んで決められた色です。
とてもいい色だと思います。
現在は、コンロの横に貼る物を石にしようか、タイルにしようかと悩まれています。
また、きっとナイスセンス!のものを選ばれると思っています。

外部では、佐藤建装さん(本日は一人です。)が下地処理の真っ最中です。

06/02/2003 サイディングの目地処理
工事は櫛引仕上をする為の下地処理に入っています。
佐藤建装さんの職人さんが2人施工しています。
サイディングのジョイント部分でクラックが入らないように弾性のある下地処理材で埋めていきます。
写真のようにジョイント部分にテープを貼って、その上から埋めていきます。
割れないように、仕上がきれいになるようにする為には下地処理はもっとも重要な工程です。

台風の影響は、まったく無かったです。ほっと一安心・・・

05/30/2003 台風接近中!
本日の作業は、昨日貼ったタイルの目地詰めと、
空調機器や換気扇の穴明です。

写真は穴明けをしている小泉電気の小泉さんです。
日誌には久方ぶりの登場です。

本日台風が接近中です。早速、防炎シートをたたんで来ました。
思わぬところで建物が姿を現したので、パシリと一枚撮って来ました。
逸れてくれればいいのですが・・・

05/29/2003 外壁タイル貼
台風が来ているそうです。今後の工程を気にしながら、工事が進んでいきます。

今日は、外壁のタイル貼です。
下地の時点では、サイディング屋さん、左官屋さんの力により完璧でしたが、
貼り終えるまで心配でした。

あっという間に貼られたタイルは、キチッと割付通りに納まりました。
汗ばむ陽気の中で清々しさと、少しの満足感を感じた一日でした。

05/27/2003 タイル下地モルタル
昨日は雨の為に左官・サイディング工事が中止になりました。
これから梅雨に入ってくると工程が読めなくなります。それまでに外部は少しでも進んでおかないと・・・

今日はうって変わっての晴天です。
作業は、外壁タイルの下地に強い弾性と接着力を持つ樹脂モルタルを塗っていく作業です。
塗厚は最低4oです。
いつもいつも左官屋さんには職人を感じずにはいられません。
キチッと寸法通りに納めてくれます。

それから、サイディング工事が本日で完了しました。
拠テ田建装の山口さんは前回の『橿原の二世帯住宅』に続く工事です。
前回同様、丁寧に作業をして下さいました。
特に丸壁のところでは、タイル割が合わず何度も手直しをして頂きました。

どの業種の職人さんにも少しずつ助けてもらって、教えてもらって現場がスムーズに進んでいます。感謝!感謝!です。

05/22/2003 外部工事
内部は静かですが、外部の工事が活気付いています。
と言うのも、外部しか工事をしてないからですが・・・。(笑)

今日は、サイディング、左官、屋根の.3業種が作業をしました。

左官屋さんは、バルコニーの立上り部分にモルタルを塗る作業をしました。
まだ下塗りですが、仕上がると床がツルツルになります。

屋根屋さんは、玄関の庇の屋根を葺く作業です。
ガルバリウムの一枚板を現場で折り曲げて、下から順番に葺いていきます。
鋼板の厚みは0.4o程しかないのですが、曲げるのは力がすごく要るようです。
『一文字葺き』と言います。

05/21/2003 キッチン工事
本日は、1階キッチンの工事がありました。

・・・・・1週間前の打合せ時に、窓側の引出し収納を引き出したときに窓枠に当たる事が判明。
早速、大工さんにお願いをして、窓側の壁をふかして、問題をクリア!・・・・・

ということがあったので、今日の工事は順調でした。
明日で工事は完了するとのことでした。

玄関ドアの沓摺(くつずり)の取付も今日ありました。
職人さんがステンレス製の沓摺を溶接で止めていました。
木製の玄関ドアが入るのですが、今から玄関ドアの出来上がりが楽しみです。

05/20/2003 大工工事(ほとんど・・・)完了!
サイディング工事は、一番やりにくい部分に入っています。
どこかと言いますと、バルコニーの丸穴の開いた壁です。

タイル割があるのでむやみやたらには出来ないし、綺麗な丸の下地を作らなくてはいけないし・・・。
職人さんの試行錯誤の上、やっと出来ました。綺麗な丸が・・・!
これでタイル割もバッチリです。

それと、今日で内部の大工工事が一旦終了です。
ほとんど仕上がっています。残りは内部の手直しと外部工事です。

木工事の道下工務店さんは、工程を3週間近く縮めてくれました。
最初は、毎日5〜6人の大工さんが入ってきてどうなることかと思いましたが、今となっては仕上げ工事に少し余裕が出来たので、感謝しています。もう少しゆっくりでもいいですが・・・。(笑)
迅速かつ丁寧な仕事をして頂きました。残りの工事も宜しくお願い致しますね。

05/17/2003 下足収納
今日の作業は、下足収納の造作です。
から松のパネルを組み合わせて造っていきます。
かなりの重さなので大工さん2人掛かりです。

外部では順調にサイディングが貼られています。
天気に左右される作業なので、天気の良い日が続くといいのですが・・・。
サイディングが貼り終わったら次は左官屋さんの出番です。

05/14/2003 システムバス工事完了
本日はあいにくの雨の為、サイディング工事は休みです。

今日は、大工さんと電気屋さんとシステムバス工事業者さんが作業をされました。
システムバスは無事に作業終了です。(写真は作業途中ですが・・・)
完成した風呂場に入りましたが、とても大きなお風呂です。
室内は床・壁ともにグレーでシックな感じになっています。
床も脱衣室から段差の無い仕様になっているので、お施主さんのお父さん、お母さんも安心です。
感じのいいお風呂が出来ました。

05/13/2003 通気胴縁
本格的にサイディング工事が始まっています。
写真のように、外壁面とサイディングの間に15ミリ程度の木を打ち付けます。
これが“通気胴縁”と呼ばれるもので、壁体内結露を起こさないように通気層を設けるものです。
基礎の下から入った空気が軒先から抜けるようにしています。
通気胴縁の上にサイディングを貼っていきます。

05/10/2003 庇の板金工事
今日は、庇の板金工事です。
ガルバリウム鋼板を現場で加工して取り付けます。
庇の寸法を測り、機械を使わず手で寸法通りに加工していきます。
あっという間に出来上がりです。
まさに“職人技”でした。

05/09/2003 外壁工事
本日より外壁工事が開始です。
担当されるのは、拠テ田建装の職人さんです。
今日は打合せと簡単な作業のみでしたが、
明日より本格的に工事に入ります。
写真は津田社長がタイル壁の丸穴をタイル割に合わせて調整しているところです。

内部では玄関ホールにスリッパ収納が完成しました。
とてもきれいに仕上げっています。大工さんの本領発揮です。

05/07/2003 階段仕上
今日もむし暑い日でした。
職人さんが半袖になっていたので、もう夏のような気がします。

階段が今日仕上がりました。
使用頻度が高くので今までは下地のままでしたが、ついに階段の仕上が完成です。

05/06/2003 地板再生
皆さん!GWはいかがお過ごしだったでしょうか?
本日より現場再開です。今日も連休中の快晴が続いていて、とても気持ちの良い日でした。

住之江の住宅では、解体した建物の地板や框などを大工さんが加工し、再利用しています。
かなり手間の掛かる作業ですが、出来上がったものは・・・御覧の通り!!
すっかり生まれ変わっています。

今ではなかなか手に入りずらい物があったり、何より以前の建物の思い出として、いつまでも残るのでとても貴重だと思います。

05/02/2003 GW
今日も気持ちの良い快晴でした。
大工さんは、もう最終段階に入っていて物入や押入などを造っています。

朝、現場に行くといつもの声が聞こえません(大工の植田さんですが・・・)。
どうしたのかな??と思ったら、結婚式の為に田舎に帰ったとのこと・・・
そういえば明日からGWです。現場は3日間お休みになります。

昨日、住之江近辺で放火があったらしく3日間現場を空けるのでそれだけが心配です。
気になるので、外回りの清掃をして帰ってきました。
何事もありませんように。・・・あっ・・・写真撮ってくんの忘れた・・・

04/28/2003 もうすぐ・・・
今日も最高に良い天気でした。
こういう日は、職人さんもきっと気持ちよく仕事が出来ることでしょう。

さて、現場の状況はと言いますと・・・
大工さんの頑張りにより5月末には内部工事が完了しそうな雰囲気です。
7月が竣工予定になっていますので、仕上げ工事がゆっくり出来ていいのかも・・・(笑)
大工工事としては、当初の工程で言うと3週間は縮まっています。

天井の松合板も貼り終わりました。

04/27/2003 外壁の色決め
今日は、施主さんと外壁の色決めをしました。
この建物の外壁は、サハラという塗り材を櫛引で仕上ていきます。
現場の前の公園で、10種類程度の候補色のなかから、何とか二色まで絞込みできました!(笑)
5月中ごろには、最終決定できそうです。

04/26/2003 天井板貼り
今日も現場は賑やかでした。
大工さんが5人に電気屋さんが2人です。

2階の吹き抜け部分の天井化粧板を貼る工事をしています。
割付を考え、板と板の間を4ミリの目地を取りながら貼っていきます。
さすが職人さんです。キチッと目地の通った天井が仕上がっていきます。

今日、遅ればせながら“くらしの工房垂れ幕”が現場に登場しました。
向えが公園ということもあり、人通りが結構多いので、たくさんの人に見てもらえることでしょう。

04/24/2003 小窓
今日は、大工さんが4人でした。
壁の下地である石膏ボードを貼ったり、建具・窓の枠を取付けたりという作業です。

写真は、2階の予備室にある小さな窓です。
とてもかわいらしくて、概観のアクセントにもなっています。
なんだか小鳥の巣箱みたいですね。間違って入って来たりして・・・(笑)

04/21/2003 2階造作
今日の現場は、大工2人、電気工2人のメンバーでした。
監理する者としても、これくらいの人数だと進捗状況が把握しやすくて良いです。(笑)

写真は小泉電気の小泉社長です。明日、明後日で電気の内部配線を、ほぼ施工完了してもらえる予定です。
※防犯設備の配線も施工完了してました。

今週末には、コンセント、スイッチの現場確認を施主様にしていただこうと考えております。

04/19/2003 外部工事
内部の工事は、順調に進んでいますが、外部の状況を報告いたします。

バルコニーの防水工事も終り、外部は防水シートに包まれています。
上の写真は2つのバルコニーの間の壁の丸穴です。
完全に遮断することなく、丸穴を通して繋がっています。

木製建具部分以外は、すでにガラスは入っています。
写真は、1階リビングのルーバー4連窓です。

外壁は防水シートの上に通気層を取り、その上に下地となるサイディングを貼り、タイルと左官で仕上ていきます。

04/17/2003 フローリング貼
今日は2階のフローリング貼りです。
フローリングは、信州のから松で昨日届いたばかりです。

大工さんは割付を考えながら貼っていきます。
やっぱり木の温かみはなんともいえずいいもんですね。

04/16/2003 電気配線
今、現場では電気配線の真っ最中!
一軒の家には、照明器具、テレビ・電話などの配線、換気扇やエアコン等・・・たくさんの電気配線が必要になってきます。
職人さんは、図面を見ながらテキパキ配線していきます。

04/14/2003 バルコニーFRP防水
今日はバルコニーのFRP防水を施工しました。
FRP防水は木造の住宅では、今や最もポピュラーな防水工法となり、防水に対する信頼性も一昔前のアスファルト系の防水と比べ物にならないくらい高いものとなっています。
大工工事ではフラットな床下地合板まで施工してもらい、その上に防水屋さんに勾配断熱材で勾配をとりFRP防水を施工してもらいました。
因みに防水専門業者はFRP防水一筋の(有)丸信工業さんです。

04/11/2003 雨!雨!雨!
今日も雨・・・業者さんも四苦八苦です。
雨の中をサイディング屋さんが防水シートを貼りに来てくれました。
外壁も一先ず安心です。

内部は順調に進んでいます。
階段も出来上がりました。

04/10/2003 屋根完了
本日屋根工事が完了しました。
瓦が葺かれた状態で上ってみましたが、
やっぱり5分勾配は怖いです。職人さんはさすがですね。

04/09/2003 屋根葺き
なんとか晴れました。
上棟直後に、防水紙だけは貼ってもらったので、なんとか雨をしのげていたのですが、
今日、念願!?の屋根葺き工事にも入ってもらうことが出来、一安心といったところです。
このところの天候不順で、屋根屋さんも現場の調整が大変だとぼやいていました…。


04/08/2003 断熱の日
今日も朝から雨・・・です(>_<)最近、本当に雨が多いですね。

今日は、天井の『アイシネン気密断熱』施工の日です。アイシネンは、発泡断熱材で吹付け直後に100倍に膨れるそうです。
是非この目で見たい!・・・と思い現場に13時30頃来てみると、もうすでに終わっていました。残念・・・!

今日は、大工さんが壁の断熱材も入れていました。この製品も今回始めて使うもので、ペットボトルを再利用して作られています。
とても肌触りが良い断熱材です。施工時にチクチクしないなど現場でも好評です。

04/04/2003 上棟式
本日は恒例の土台防蟻剤塗りでした。
・・・が、大坪さんが“くらしの工房日誌”に事細かに書いている〜っ!(僕が書くのが遅いからですね・・・)
という訳で、詳細は工房日誌を御覧あれ。

土台防蟻剤塗りの進撃の合間を縫って床下の電気配線をする小泉さんと、上棟式に“ええ声〜♪”で上棟祝いの松竹梅を謡う、おやっさんです。

最近は上棟式をすることがめっきり減ったようですが、いつ出席させて頂いてもいいもんです。
施主の顔が見える。造る人の顔が見える。
一緒に一つのものを造る喜びと同時に、各々にかかる責任を強く感じた日でした。

04/03/2003 1F床下配管
依然大工7人体制は続いています。
外部の大工工事の仕舞がつくまでは今の体制で現場を進めることにしました。
写真はオク水道の職人さんです。
「まだ床下地の合板を貼らんといてや〜」と言いながら、床下の配管を施工しています。

※床下の備長炭塗料をまだ塗ってないので大丈夫なんですが・・・(笑) 

04/01/2003 戦場??
本日は、現場の定例打合せの日です。
午後3時に現場に行ってみると・・・えっ??
昨日とは見違えるような現場になっていました。

バルコニーは出来てるわ、出窓も完成しているわ、外部の壁の下地は貼られてるわで・・・一気にスピードアップしています。
まるで前日までの風邪の鬱憤を晴らすが如く、大工さん7人の総攻撃!まるで戦場のようでした。

設備屋さんは、ダウン寸前です。(T_T)

03/31/2003 床の捨て貼
土曜日は大工さんが何と!・・・3人風邪で休んでいたそうです。
みなさん!季節の変わり目です。体には気を付けて下さいね。

・・・なんて事がありましたが、今日は大工さんの元気な姿を現場で見ることが出来ました。
今日の作業は、床の下地(根太といいます)を組んで、その上に12ミリのフローリングの下地となる合板を貼っていく作業です。
床の捨て貼をするまでは足元が危ないですが、これで安心して2階の作業が出来ます。

この合板も以前は、ホルマリンがたっぷり入ったいわゆる“コンパネ”が使われていました。が・・・最近は住宅の高気密化などによるシックハウス症候群の影響で、ホルマリンの少ない(Fc0と言う種類の合板)が主流となってきています。
もちろん、住之江の住宅もこの合板を使用しています。

03/28/2003 筋かい
無事上棟も終り、次の段階に入っていきます。

筋かいを入れたり、金物を取り付けていったりして建物の剛性を高めていきます。
見えなくなる所であり、建て方のように進行状況が目に見えにくい地味な作業ですが、一番大事な工程です。

棟梁(道下さん)のおやっさんです。久しぶりにお会いしました。元気そうで何よりです。
上棟式にはきっと十八番を聴かせてくれる事でしょう♪♪

03/26/2003 上棟工事2日目!
今日は上棟工事の続きですが昨日とはうって変わっての晴天で、暖かくてとても気持ちのいい日でした。

午前中で棟上げが終了しました。ここで、昔なら餅まきをやるんやろうなぁ・・・とおもいつつ、午後からは垂木を架けて、屋根の下地(野地板)を貼っていきました。

大工さん達はヒョイヒョイ作業をしていたので、上がってみたら怖い怖い!!
5寸勾配はけっこう急です。現場日誌の為にと再度上がったのですが、さすがに野地板の上は歩けませんでした。

03/25/2003 上棟工事初日A!
順調に工事は進んでいき、ついに本日の見所がやって来ました。
大黒柱の建てこみです。

遠く淡路島からやって来た欅の230角の柱は、100年の時を刻み、さらに今こうして新しい家族の元に新しい時間を刻もうとしています。きっと家族のシンボルになってくれると思います。

加工はプレカットではなく、道下さんが休日返上で日曜日に刻んでくれました。
写真のように寸分の狂いもなくキチッと納まりました。多少、柱の矩が出てなかったようですが、さすがです。

最後に雨が降ってきたので、シートを被せて本日の作業は終了です。
明日は、天気がいいようなので嬉しいです。
やっぱり棟上げは、快晴の下が似合います。

03/25/2003 上棟工事初日@!
朝からあいにくの天気でしたが、午前中で止むとの予報なので様子を見ながら工事を行う事になりました。
途中で少し降ったようですが、僕が現場に着いた昼前には雨は上がっていました。
写真上は1階を組み終えた、午前中の写真です。田中さんが右下で見守っています。

昼からは2階部分の建て方です。化粧になる部分がほとんどなので、大工さんは慎重に組んでいきます。
写真下が2階のリビングの梁です。全て部屋内に見えてきます。

03/24/2003 土台敷き
いよいよ明日木造の建て方の作業に入ります。

今日は、その前準備とでも言いましょうか『土台敷き』です。
出来上がった基礎の上に、桧の土台を敷いていきます。
この上に柱が建ち、梁が架かって木造の構造体が出来ていきます。

基礎に埋め込んでいたアンカーボルトの位置も正確に入っていて、今の所は“バッチリ”って感じです。天気が心配ですが、順調に上棟を迎えられることを祈ります。

今日、お施主さんのお母さんと娘さんが作業を見学に来られたようです。
大工の道下さんは、『お母さんにそっくりやね。』ってビックリされてました。僕も明るくて元気なところがお母さんにソックリだと思っています(^^)

きっと、新しく完成する家を想像して胸を躍らせていることと思います。
オープンフェスタの時、初めて会った娘さんの『素敵な家を創って下さい』という言葉が僕の心に強く残っています。

03/20/2003 万事塞翁が馬??
朝、身に覚えの無い電話が・・・
宮崎から木材を運んで今、南港にいるとのこと。

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!
聞いてないよ〜〜〜〜〜〜っ!!!

早速現場に直行。手違いがあったことは間違いないのですが、とにかくレッカーを手配しなければとんでもないことに・・・

木童の廣石さんと、方々に連絡しまくって何とか手配が出来ました。田中さんも現場に駆け付け、新納さん、オク水道の職人さん、みんなで協力して無事搬入しました。
思わぬ所でオープンシステムの本領を発揮した一日でした。

天気予報では、搬入予定日だった土曜日は雨のようなので結果良しかな??(お施主さんに怒られますね。)
原因は僕の思い違いでした。些細なミスが大きな失敗を産みます。今まで以上に気を引き締めていきます。

03/19/2003 基礎完成
本日基礎が完成しました。(少し補修が残ってますが)
立派な基礎が出来上がリました。すべてがここから始まります。
今週は、木材搬入の関係と基礎工事が早く終わったこともあり、土曜日まで作業はありません。
来週には恒例の上棟特集をアップ出来ると思います。


03/14/2003 墨出し
昨日は、水曜日に打ったコンクリートを丸一日寝かしました。コンクリートは、日が経つごとに強度が増していきます。
今日から基礎の立上り部分の型枠を建てていきます。
大工さんは図面と計算機を片手に、出来たてのコンクリートの上に墨を出していきます。
これを間違うと大変なことになるので、慎重に作業を進めます。
出した墨に沿って、型枠が建てられていきます。
この段階にいくと、部屋の輪郭が出てくるので建物のボリュームを実感することができます。

03/12/2003 基礎コンクリート打設
今日は生コン打設でした。
午前中に設備関係のセットは完了して、午後からコンクリートを打ちました。
今日は、久しぶりにとても温かい陽気だったので、職人さんも大助かりでした。
ポンプ屋さんは、橿原の現場で作業してもらった人だったので、“ご無沙汰してます〜。”って感じでした。そんな再会も現場にはあります。

03/11/2003 鉄筋とコンクリート
今日は、建てた型枠の中に鉄筋を組んでいきます。

鉄筋とコンクリートはとても相性が良く、
例えば、鉄筋は引っ張に強く、コンクリートは圧縮に強い。
アルカリ性であるコンクリートが鉄筋を包むことによって、鉄筋を錆びささない。・・・などなど
お互いの短所を補い合っています。切っても切れない関係です。

いよいよ明日、コンクリート打設です。

03/10/2003 型枠
土曜に打った捨てコンが固まって、白いキャンパスが出来ました。
それに建物の形を描いていきます。
その線を基準にして、型枠を建てていきます。

今日も小雪がチラつき寒い日でした。基礎工事が始まると同時に寒くなりだしたので、職人さんには本当に気の毒です。

03/08/2003 捨てコン打設
6日は昼から雨の予報、7日は前面道路にある電柱の撤去工事ということで、捨てコンクリートの打設が今日までのびてしまいました。(工程的にはバッチシなのですが)
この捨てコンの役割は、敷地にキャンバスをつくるようなもので、月曜日にはまったいらに均されたコンクリートの上に、建物の形を描いていきます。
作業していると、向かいの公園からおじいちゃんに手をつながれたお子さんが二人。
目を輝かせながら、作業をみてくれてました。
物を作っていくということは、本当に楽しいことです。

03/05/2003 掘り方
今日から基礎工事が始まりました。
基礎の一番深い部分まで、ユンボで掘っていきます。
掘ったあとをレベルを測る機械で見ていくのですが、ほぼ同じになっています。
ほとんど感覚ですね。いや〜まいった!!
ユンボがまるで自分の手足のようです。

明日は、天気が下り坂のようです。工事出来るかな・・・?

03/05/2003 地鎮祭写真
今日、業者さんから地鎮祭の写真を頂きました。
さっそくアップします。

03/01/2003 地鎮祭
天気予報がバッチリ当たってしまいました。今日は、雨です・・・
しか〜し!地鎮祭は雨がいいのだ!!雨降って地固まるだ!!・・・ちょっと強引かも知れませんが。

というわけで、地鎮祭が執り行われました。始まるとやはり、緊張感ある雰囲気が漂います。皆、ぎこちない動きで(笑)無事終了しました。
最後に皆で記念撮影をして締めました。

どうして写真が無いかって・・・?
それは、昨日準備万端にしようと思って、デジカメの電池を充電したのが過ちの始まりでした。そのまま、忘れてきたのです・・・はーっ・・・情けない・・・
しかし、業者さんがカメラを持って来ておられたので、たくさん写真を撮ってもらい、事無きを得ました。

写真は入手次第アップしたいと思います。
とにかく、竣工まで事故の無い事を祈ります。


02/28/2003 仮設工事
今日で2月も終りです。ついこの間、正月を迎えたと思っていたのに・・・
本当に月日が過ぎるのは、早いものです。年をとって来たんでしょうか!??(まだまだ20代真っ盛り?)

それはさておき、今日は素晴らしい晴天の中、仮囲いの設置です。
建物がなくなったので、隣地の洗濯干し場が丸見え状態でした。これで一先ず安心です。
そういえば、となりのおばあちゃんが“つかの間でも日当たりが良くなって、いいわ〜”って喜んでおられました。
複雑・・・!?

02/25/2003 解体完了
あっという間に解体工事が完了してしまいました。
ついこの間まで建物が建っていたのが嘘のようです。

いよいよ本格的な工事に入ります。・・・その前に近隣挨拶です。
皆さん、人のよさそうな方ばかりで“フ〜っ・・・”っと一安心。

土曜日に地鎮祭をして、月曜日から基礎工事に入ります。

02/21/2003 解体工事
解体工事は、順調に進んでいます。
この分だと今週末には終わってしまうかも・・・

最近はゴミの処分がとても厳しくなっています。種類によってキチッと分別されています。少しでも混ざっていたら受け付けてくれないようです。

02/18/2003 工事開始
橿原の2世帯住宅が竣工してから、はや3ヶ月。
その間、設計を進めてきた住之江の2世帯住宅がついに動き出しました。

タイトルの通り、2件続けての2世帯住宅です。

私事ですが、かく言う私も2世帯住宅の中で育ってきました。
ずっと優しく接してくれるのですが、思春期にはそれがとても煩わしく感じられて、ずっと反抗してきたように思います。
しかし、一度家を出て暮らして、再び実家で暮らすようになると何故だか祖父母と一緒に暮らしてきたことが凄く自分にとってプラスになっているような気がしてきました。
といっても、まだそれが何かは判ってないのですけどね・・・

たくさんの家族で住むことは、時には煩わしくても、時にはとっても温かいものです。

きっと完成した住江の住宅も、時には喧嘩しながらも、とっても温かい住まいになると感じています。

大坪さんの工房日誌、小坂さんの讃岐めん処つね蔵日誌に負けないように、面白おかしく現場の状況をお伝えできればと思っています。

よっつしゃ〜〜〜!!いくぞ!!

大阪の建築設計事務所 atelier waon(アトリエワオン)