大阪の建築設計事務所 atelier waon(アトリエワオン)

09/11/2004 業者の皆さん!
最後になりましたが、専門工事業者の皆さん。本当にありがとうございました。(^ ^)

【工事に携わって頂いた業者さん】
解体工事:園部建材
造園工事:植音造園
仮設工事:且O共開発
基礎工事:新納鉄筋
大工工事:大工の井上
構造材の購入・プレカット:許リ童
屋根・樋工事:去O宅瓦店
板金工事:樺垣
防水工事:糾ロ信工業
断熱工事:佐藤建工
左官工事:乾左官
タイル工事:奥野タイル店
塗装工事:牛イ藤建装
金属建具・ガラス工事:椛蜊辮V日軽
木製建具工事:泣Jトウ
内装工事:インテリア日高表装
美装工事:鞄c中美装
外構工事:越田建設
電気・空調・換気・給排水・衛生設備工事:潟ウキ電設
ガス工事:葛゚藤工業
キッチン工事:古寺木材
その他:拠テ田建装、潟iガハシ、潟Rボット、滑ロタ銘木、潟Aクシス

そして、いつも温かく、明るく接していただいたお施主さん。材料の搬入など工事にまでご協力頂きました。
本当にありがとうございました。
皆さん!今後ともよろしくお願い致します。m(___)m

〜〜〜〜完〜〜〜〜

09/11/2004 竣工パーティー!
本日、施主さんが竣工パーティーを開いて下さいました。
新しく出来た庭でバーベキューをしました。
施主さん家族、くらしの工房、職人さん・・・総勢20人以上参加され、大盛況でした。
楽しいときは、あっという間で午後11時前に記念撮影をして(みんないい笑顔です〜!)、お開きとなりました。

2月の寒い中、工事が始まり、申請・搬入経路・解体などなどたくさんの問題が起こりましたが、工事業者さんの協力、施主さんの行動力で乗り切りました。
そして9月、無事竣工を迎えることが出来ました。
あっという間でしたが、とても濃密な時間でした。

09/10/2004 ファーストスケッチ
施主様に二回目にお会いした時に提出したファーストスケッチです(2003年2月10日)。建物が完成してみて、改めてファイルの中から引っ張り出してきました。ファーストスケッチと、完成外観を見る限りは、なんとすんなり進んだプロジェクトなんだろうと、見えてしまうのですが…^_^; ここに至るまでの苦労は、施主様とくらしの工房の大きな財産になったと思います。

09/09/2004 いよいよ竣工!
外構工事も完了しました。
いよいよ竣工です。

2月から始まって、7ヶ月間いろいろなことがありました。
お施主さんを中心に、とても纏まりのあるプロジェクトチームだったと思います。

お施主さん!そして各専門工事業者の皆様!
皆さんのご協力のお陰でここまで来ることが出来ました。
そして、たくさんの経験をさせて頂き本当にありがとうございました。

09/03/2004 ビー玉
外構工事もいよいよ完成間近になって来ました。

本日は、駐車場のコンクリートを打設です。
そして、お施主さんがコンクリートにビー玉を埋め込みました。
快晴でしたので、後から後から乾いていきます。
大急ぎですべて埋め込みました。
きれいに出来てるか心配ですが、仕上がりが楽しみです。

09/01/2004 キッチン
本日、竣工検査を行いました。
やはり、一度に完璧にとは、なかなか行かないもので・・・
修正箇所、ダメ工事(やり残し)など、チェックを行いました。
後日、手直しを行い、作業終了です。

写真は、施主様の一番のこだわり部分であるキッチンです。
タイルの色、水栓金具、建具の仕様・色、取手など細部まで一つ一つ検討し、世界に一つしかない素敵なキッチンが完成しました。

08/28/2004 大詰め!
台風が接近しています。
明日、引越しの予定でしたが変更です。

現場は、大詰めです。
外構工事、タイル工事、電気工事、建具工事、大工工事・・・
補修工事も含めて沢山の業者さんがはいられました。

そんな中、くらしの工房の面々とお施主さんも大健闘です。
稼動収納家具の組立て、システムクローゼットの組立て、和室天井和紙照明の取付(大坪さんの力作です。)などなど・・・たくさんの汗をみんなで流しました。

写真は和室の和紙照明です。
初めて、手直し無しの一回で取付けることが出来ました。
大坪さん!やったね!!

08/26/2004 美装工事2
美装工事前に大工の井上さんが床の養生をはずしてくれ、久しぶりにナラフローリングが顔を出しました。

その後、田中美装さんが洗いをかけ、フロアワックスを塗りました。
塗ったとたんに、今まで均一な色に見えていたフローリングが一枚一枚表情を出しました。
一枚一枚の個性が家の中を引き立てます。
これぞ無垢材の魅力だと思います。

見ていて心躍る瞬間でした。

08/26/2004 美装工事
本日、美装工事が入りました。
鞄c中美装さんが担当します。

工事中の汚れを隅々まできれいにしてくれました。
写真は、天井を灰汁洗いしている田中美装の島津さんです。

08/25/2004 コンクリート製ベンチ
以前の日誌で取り上げた、コンクリート製ベンチが完成しました。

コンクリートの出来は?と言いますと・・・
個人的意見では、“とてもきれいに出来ているなぁ”と思いましたが、工事担当の越田建設の岸さんは、“まだまだ完璧でじゃないなぁ〜”と思われているようです。

現場打ちコンクリートは生き物です。
二度と同じものは、出来ません。和歌山の現場のも世界に一つです。
だから、とても愛しく感じられます。

08/20/2004 照明器具取付!
内部工事も佳境に入っています。
照明器具、衛生器具がどんどん取り付けられていきます。

お施主さんにとっても私にとっても、現場を見ていて最高に楽しい時だと思います。
悩みに悩んで決定した照明器具は、いかがですが?(笑)



08/17/2004 外構工事開始!
いよいよ外構工事が始まりました。
内部工事も器具の取り付けが始まり、竣工が近づいていることを感じます。

外構工事担当は、越田建設さんです。兵庫県宝塚から来て頂いています。

写真は、外部テラス部分のコンクリート製ベンチの鉄筋です。
打ち放しコンクリート仕上げなので、コンクリート打設にはとても気を使う作業になります。


08/16/2004 クロス工事
クロス工事が完了しました。
工事担当は、インテリア日高表装さんです。

“おかげでお盆休みがなくなったよ(笑)”と言いながら、
お盆中も休みなく作業をして下さいました。
本当にありがとうございました。

08/10/2004 タイル工事
キッチン、洗面カウンター、トイレ、収納、アトリエ・・・
今日、一気にたくさんのタイルが貼られました。

奥野さんは、今日は帰るぞ〜!っと朝から気合が入っていました。(前回は、和歌山に泊まったのでした・・・)
その甲斐あって、明日は一部の作業を残すのみです。

写真は、アトリエコーナーの床タイルです。
施主さんの奥さんの聖域です。(笑)

08/06/2004 大工工事一旦完了
今日で、大工の井上さんの作業が一旦終了します。
最終にもう一度来られるのですが、一旦現場を明け、仕上業者さんにバトンを渡します。

4月19日に木材が搬入されてからの約4ヶ月弱の間、本当にご苦労様でした。
仕上は、下地が命です。
井上さんの丁寧な仕事はきっと、仕上業者さんにも受け継がれると思います。

プロジェクトメンバーの皆様。あともう一息!宜しくお願いいたします。
それと、くれぐれも怪我の無いように・・・

本日、造作枠の塗装工事も行われました。担当は、牛イ藤建装さんです。

08/03/2004 バルコニー手摺笠木
この前の台風は、建物には被害を与えず行ってくれたようです。
竣工まで、もう来ないで欲しいものです。

本日、バルコニーの手摺笠木が取り付きました。
工事は、板金屋さんの樺垣さんです。


07/30/2004 家紋?!
今日は、話題をもうひとつ!

何気なしに玄関を見上げると、見慣れないものがかかっていました。
聞けば、お施主さんの家紋だそうです。
製作者は、大工の井上さんのお父さんです。

以前からお施主さんが依頼していたそうですが、お施主さんも気付いていらっしゃらなかったようです。
休みの時に彫ってこられたんでしょうが、黙って飾っておくところがまた、ニクイ!ニクイ!
そんな、カッコいい井上さんのお父さんのお話でした。(^^)

07/30/2004 嵐の前の静けさ・・・
近畿に台風が接近しているようです。
でも、現場はこんなにも快晴です。嵐の前の・・・でしょうか。

本日、長い間たくさんの職人さんをサポートしてきた足場が解体されました。
そして、長々と隠れていた建物が姿を現しました。
主張しすぎず、でも存在感のある、カッコいい外観だと思います。


昼過ぎから風が強くなってきました。
今日は湾岸線を通らずに帰ってきました。しかし、すごい風でホント!マーチともども飛ばされそうでした(^^;

07/29/2004 トップライトガラス工事
今日、ついにトップライトにガラスが入りました。
それまで、雨が気になっていたので今日から安心です。

ガラス工事は、大阪新日軽さんです。
このトップライトは、全部で3箇所(玄関、アトリエ、浴室)あるのですが、すべての場所が一気に明るくなりました。
改めてトップライトの威力はスゴイ!!です。

大工さんに始まり、板金屋さん、ガラス屋さん、コーキング屋さん・・・このトップライトひとつにたくさんの業者さんが入っています。
皆さんの協力あっての完成です。

07/27/2004 板金工事
今日は施主さんと外部塗装作業をしました。
朝から暑くて、10分もたたないうちに汗びっしょりになりました。
塗料を塗っていると、木の表情が1枚1枚違っていて生きてることを感じました。
どうか長持ちしてくださいと言う気持ちでした。

そんな楽しい作業の中、職人さんの真剣勝負は続いています。
今日は、大工の井上さんの他に三宅瓦店の板金工事担当の水俣さんが、母屋鼻の飾りを取り付けてくださいました。
細かい作業ですが、1つ1つ丁寧に取り付けてくださいました。
今度、お施主さんに銅板で鶴を折ってくださるそうです。
とても楽しみです。

本当に暑い一日でしたが、久しぶりに大量の汗をかくことが出来て気持ちよかったです。


07/19/2004 助っ人登場!
本日は、祝日ですが作業を行ってくれています。
そして、助っ人が来てくれていました。
井上さんの息子さんです。
内部足場の解体などを手伝ってくれたようです。
休日返上で本当にありがとうございます。m(___)m

本日は、家族三代勢ぞろいのにぎやかな現場になりました。


07/16/2004 浴室モザイクタイル貼り
今日は、浴室のタイル工事もありました。
京都から奥野タイルさんの登場です。
25ミリ各のタイルを壁一面に貼っていきます。
基本は30センチ各のシートになっていますが、細かいところは1枚1枚貼っていきます。気の遠くなる作業です。

今日は、壁のみで明日は、床タイル貼りと目地詰めです。
そして、奥野さんは本日和歌山にご宿泊です。
今頃、飲み歩いてるかな・・・?(笑)

07/16/2004 外壁掻き落し仕上げ
水曜日から外壁左官の仕上げ工事が始まっています。
そとん壁というシラス(火山灰)が原料の材料を使用しています。
通気性に富み、非常に割れにくい材料です。

たくさんの仕上げパターンがあるのですが、今回は掻き落し仕上げです。
一度、下地に仕上げ材を8ミリ程度塗ります。
そして、ある程度固まった頃合を見て一気に掻き落します。(写真)
すごく雰囲気のあるいい外壁に仕上がりました。
乾左官の職人さん。暑い中本当にご苦労様でした。m(___)m

施主さんも一部、作業に参加されていました。

07/13/2004 愉快なお客さん!
現場は着々と進んでいます。
明日からは、外壁左官工事の仕上げが始まります。

現場には、たまに愉快なお客さんがやってきます。
職人さんとも大の仲良しで、井上さんのお父さんとも“ハイタッチ!”をするほどの仲のよさです。

今日もそのお客さんはやって来ました。
そこら中にあるものを片っ端から手に取り、振り回して去って行きます。
カメラを向けるピースをしてくれました。
ホント!にぎやかなお客さんです。(笑)

07/10/2004 キッチンの下地工事
内部造作工事もドンドン進んでいます。
大工の井上さんも応援の方が1人入って、3人での作業に入っています。
いよいよラストスパートです。

さて、写真はキッチンの下地が出来上がったものです。
このキッチンは、お施主さんの奥様の一番のこだわり部分です。
実は、まだキッチンの仕様が固まってないのですが・・・
少しでも理想に近づけるように細部まで詰め、たくさん悩んでいただいています。
悩めば悩むほど、出来上がったときの思いもひとしおだと思います。

07/09/2004 浴室タイル下地
本日、浴室のタイル下地が完成しました。
タイルの割付を考えて、大変な作業だったと思いますが、丁寧な仕事をしていただきました。

来週の火曜日にいよいよタイルが貼られるのですが、今から楽しみでなりません。o(^^)o

07/06/2004 内部造作工事
内部の大工工事は、造作材の取り付けを行っています。
写真は、和室の4枚引きの襖です。間仕切り建具の枠はほとんど完成しました。

07/02/2004 外壁下塗り
外壁のラス貼りが終了して、いよいよ本日から下塗りに入りました。
乾さんを含めて総勢4人の職人さんによる作業です。
1人が下で材料を練り、3人で塗っていきます。
あっという間に北側が完了しました。

皆さん和歌山の方なので、威勢の良い和歌山弁が飛び交っていました。“いこら!いこら!”なんて風に・・・(笑)
明日で下塗りが完成し、4日程度養生した後、上塗りに入ります。

06/29/2004 階段工事
井上さんのおやっさんによる階段がここまで出来ました。
段板は、ナラ材でフローリングと同材です。

判りにくいですが、写真の段階ではこの階段は浮いています。ここから補強してやっと人が乗れるようになります。

丁寧に黙々と仕事をされている姿が、とてもかっこいいです!次に現場に行くときには、完成してるかな??楽しみですo(^^)o

06/28/2004 ラス工事
外部では、乾左官さんによるラス貼り工事が始まっています。
外壁は、そとん壁といって火山灰が原料の左官材料です。
ラス(鉄製の網)の上に10ミリ厚の下塗りをし、その上に8ミリの上塗材で仕上ます。
今日のような晴天だと仕事は順調に進むのですが・・・
乾さんの一番の心配は、天候です。

06/25/2004 ナラフローリング貼り
先日から1階のナラフローリング工事が始まっています。
ナラ材は、北海道産で和歌山の白樫木材さんから購入しました。
玄関の上り框もナラの無垢材です。

床暖房対応なので、巾が75ミリと狭く、なかなか進まない作業だったと思います。丸2日かかって貼り終わりました。
高級感があって、最高にいい感じです。

井上さんのおやっさんは、黙々と階段工事に入っています。
仕上りがとても楽しみです(^^)

06/24/2004 浴室左官工事
今日は、FRP防水の上にタイル下地のモルタルを塗る作業です。
左官工事は、地元和歌山の乾左官さんです。

タイル貼りは下地が命です。
下地のモルタルの上にタイルを貼っていくのですが、8ミリしか貼り厚(タイルは6ミリ)がありません。
なんでもそうですが、下地が最も重要です。

06/22/2004 浴室防水工事
浴室のFRP防水工事の様子です。
何度も何度もガラス繊維にポリエステル樹脂を染み込ませ、防水層を形成していきます。
施工中はとにかく匂いがすごいんです!
職人さんは、マスクもせずに施工しているので、思わず心配になってしまいます。

今日、外壁左官材料の搬入がありました。
20kg袋がなんと!250もありました。
施主さんと大工の井上さんと運送屋さんの4人で運びました。
汗だくになりましたが、いい汗がかけて気持ちよかったです。

06/21/2004 天井杉板貼り
階段、ファミリーコーナーの吹抜け勾配天井に杉板が貼られていきます。
静岡の天竜杉です。
赤味ばかりなので、色が揃ってとてもきれいです。

06/18/2004 床暖房敷き込み
いよいよ床暖房の敷き込みが始まりました。
厚みは12mmしかありません。薄い薄い!
この上に、ナラの無垢フローリングを貼っていきます。
緑色の部分に釘を打ちます。とても気を使う作業になりそうです。

ナラフローリングは、月曜日に北海道から現場に着く予定です。

06/17/2004 外壁レッドシダー貼り
外壁のレッドシダー貼りが完了しました。
軒天井に貼ってあるものと同じ材料です。
独特の匂いがありますが、中に含まれる“タンニン”というものが強い防腐、防蟻効果をもっているそうです。
経年によって味わい深い銀色に変色していきます。

06/15/2004 天井下地
2階の写真です。
天井下地、壁の下地が出来上がり、部屋の形がはっきりとしてきました。

吹付け断熱をしてから、明らかに2階が涼しくなりました。

06/14/2004 トップライト工事
本日は、トップライトの金物の取付け工事がありました。
トップライトと言っても既製品ではなく現場で作ります。
金物の製作、取付は、樺垣さん。ガラスの加工、取付は、椛蜊辮V日軽さんです。
この状態でガラスの寸法を採寸して、外部工事の仕上にガラスを嵌め込みます。

06/12/2004 天井吹付断熱
今日は天井の吹付断熱工事です。
施工業者は、牛イ藤建工さんです。

天井の野地板に直接硬質ウレタンフォームを吹付ます。
厚みが55ミリ有るので、高い断熱性能が期待できます。

06/11/2004 R部の窓
1階リビングのR部分の写真です。
サッシ枠もキチッと納まりとてもいい感じです。

Rの部分はお施主さんのとても強い思い入れの箇所です。何度も検討した結果、採用することになりました。
施工は難しいですが、その分最高の仕上りになると思います。

06/08/2004 電気工事
内部では設備工事も順調に進んでいます。
写真は、電気工事業者の潟ウキ電設の職人さんです。
図面を見ながら配線経路を検討しているところです。

設備の配管、配線は直接見えてくることはないですが、とても大切な工事です。

06/07/2004 サッシ枠取付け
大工工事はサッシ枠の取付け工事に入っています。
材料は、浜松のマルナカランバーさんから仕入れています。
造作材は、木がそのまま仕上になるので、慎重な仕事が要求されます。
とても丁寧に一つ一つ取付けてくれています。

06/04/2004 天井下地
今日はとても気持ちの良い天気でした。
こんなに天気がよいと現場に来ることが楽しみになります。
来週から梅雨らしい天気なるとのこと・・・(T_T)

大工工事は、内部の天井下地を行なっています。
野縁といわれる材料が縦横にたくさん組まれています。
これに、PB(プラスターボード)や杉板などが貼られていきます。

下の写真は全景です。大きい!!

06/01/2004 透湿防水シート貼
今日から6月です。いよいよやって来ました。梅雨の季節です。
本日は、朝から晴天でとても気持ちよかったです。

工事はと言いますと、外部の大工工事が一旦終了し、防水シート貼が行なわれています。施工は、拠テ田建装さんです。
土台水切りの取付け、外壁木部の胴縁の取付けも津田建装さんの工事になります。

05/26/2004 軒天レッドシダ−貼
瓦が葺かれ、軒先の板金工事も完了し、軒天のレッドシダ−貼工事が行なわれています。

レッドシダ−はヒノキ科に属す木で、防腐・防蟻効果に優れ、耐久性、耐候性にも優れています。
なんと言っても経年変化によって、味わい深い色に変わっていきます。
完成しても楽しみが尽きないですね。

外壁の一部にも使用する予定です。

05/21/2004 バルコニー防水工事
待望の防水工事が本日施工されました。
施工業者は、FRP防水の専門工事業者の糾ロ信工業さんです。
いつも丁寧な工事をして頂いています。

天気次第の工事でしたが、台風もどこへやら。
晴天の中で工事が完了しました。
写真の防水の表面は汚いですが、この上にトップコート仕上を行ないます。

05/20/2004 サッシ取付
本日、サッシが搬入されました。
早速、大工さんが取付けてくださいました。

今日も、昼から雨が本降りになってきました。
台風が来ているようですが、直撃は免れそうです。
天気がもてば、明日待望のバルコニーの防水工事です。

05/19/2004 瓦葺き
瓦葺きに入っています。・・・が、
梅雨でもないのにコノ天気は何ナノ??
外部工事の業者さんは、予定が立たず大変な状況です。

05/14/2004 ダイライト
工事は外壁下地材の取付を行なっています。
下地の材料は“ダイライト”と言って、自然の資源から出来た無機質パネルです。
耐震性、防火性、耐犠牲、透湿性を備えた優れものです。
ただ、重いのが難点で、2階の壁などは大変な作業になります。

05/12/2004 シロアリ駆除
本日、シロアリの薬剤散布を行ないました。
和歌山県は、シロアリの中でもタチの悪い“イエシロアリ”の生息地域で特に注意が必要です。
事実、既設建物の解体時に生息を確認しています。

基礎、土台廻り、地上1mまでの柱や間柱も処理しました。
永久的なものではありませんが、ひとまずこれで安心です。

最近、シックハウス等で環境に優しい建材があたりまえになってきつつあり、そのことが虫にも優しい環境を作りだし、今までなかった害虫の被害も増えて来ているようです。
基本的な対処はしながらも、自然とうまく共存していきたいものです。

05/11/2004 大工工事
工事は目に見えて進んでいます。
写真上が1階で、下の写真が2階です。
床の下地が出来上がり、フロ−リング下地の合板を仮置きしている状態です。

今日も本当にいい天気でした。
井上さんの顔が真っ黒です。(笑)

05/06/2004 ルーフィング敷き
ゴールデンウィークも終り(井上さんは休まず作業をしてくれていたそうです。有り難うございます。)、作業は床下地組の作業に入っています。
バルコニーの手摺下地も出来ました。

上の写真は、屋根のルーフィングが敷き終わったところです。
実はこのルーフィング、上棟式の最中に三宅瓦店の後路さんが敷いてくれたのでした。
みんなが酔った頃を見計って、屋根の上で“トントントントン”

よく屋根から落ちなかったなぁ?って?
後路さんは、お酒が飲めないのでした。とさ!

05/01/2004 上棟式
本日、上棟式を行いました。
くらしの工房日誌で大坪さんが詳しく書いてくれているように、とても楽しい式でした。

お施主さんとの会話、業者さんとの交流。どれもが楽しくて、いい思い出になりました。
お施主さん。このような場を設けて頂きまして、本当に有り難うございました。

PS.ガス屋の“かじ”さん(上写真の左端)がとても印象的でした(笑)

04/23/2004 上棟工事A
大工さんの顔は昨日からの好天の為、日に焼けてとても頼もしく感じました。R材もキチッと納まっています。
明日、上棟の予定です。

上棟式の日取りも決まり、今から楽しみです。(^^)/

04/23/2004 上棟工事
木材の搬入後、R部分の材の刻みがあり、昨日より上棟工事が始まっています。

最近の上棟工事は、レッカーを使用して一日で終わってしまいます。ところが・・・
搬入路が狭い為、レッカー車が入れなく人力での上棟工事になっています。
6人の大工さんに、なぜか!?お施主さんも参加しての工事になっています。(笑!これもオープンシステムならでは・・・)


04/19/2004 土台敷き
そのまま、作業は土台敷きに移りました。
土台は、建物の力を基礎に伝える大切な部材です。
材は、湿気や白蟻に強い桧を使用しています。

そうこうしているうちに雨が降り出しました。
今日は本当についています。

04/19/2004 構造材の搬入B
木材の総材積は21立方メートル。
今までのプロジェクトの最高記録です。
人間の力はスゴイもんです。3時間足らずで荷卸は終了しました。
雨も最後まで降る事無く、日頃の皆さんの行いの良さを垣間見ました。(笑)

ご協力いただいた皆様。本当に有り難うございました。
本日は、ぐっすりをお休みください。(_ _)zzz
明日は筋肉痛との戦いになりそう・・・(^^;

04/19/2004 構造材搬入A
続いて宮崎から木童さんの木材が到着しました。
運転手さんはレッカー降ろしじゃなく手降ろしだと知らなかったらしく驚かれていました。
総勢11人(施主さん、施主のお父さん、くらしの工房3人、大工の井上さん3人、材木屋さん1人、木童の廣石さん、運転手さん)による人海戦術です。

04/19/2004 構造材搬入@
本日は構造材の搬入です。昨日からの天気予報は雨(;_;)
ビチョ濡れ覚悟で着替えまでもって現場に向かいました。
和歌山に向かう途中から雨が降ってきて、案の定・・・と落胆していたのですが、和歌山に近づいてくると雨が上がりました。(^^)

まず最初に浜松のマルナカランバーさんからR材が届きました。大工の井上さん特製の台車にのせて無事搬入が完了しました。

04/12/2004 基礎完成
本日、基礎工事の検査を行いました。
玄関廻りに多少調整が必要な箇所がありましたが(大工の井上さんが土台敷きの時に調整してくれます。)、その他はきっちりとレベルが出ていました。
これにて基礎工事は完了です。

基礎工事の新納さんは、工事が完了して嬉しい反面、和歌山に来る口実がなくなって、少し寂しそうでした。
また、現場に顔を出してくださいね。

04/02/2004 魔の搬入経路…
今日は昨日打設したコンクリートの養生で、現場の方は空きでした。
写真は、昨日のコンクリート打設を終えて、搬出するポンプ車の状況を写したものです。巾2メートルの通路を藤原さんが慎重に運転してくれています。
道路養生用の敷き鉄板の高さを加減し、道路上にはみ出した隣家の生垣に車両があたらないように、車両を傾けています。
工事完了まで、隣地のブロック塀に傷をつけませんように…。
ただ、ただ、祈るばかりです。

04/01/2004 基礎立上りコンクリート打設
このところ一日おきに雨に見舞われていますが、今日は無事晴れて基礎の立上り部分のコンクリートが打設できました。くらしの工房にとっては、おなじみの新納鉄筋さん、藤原ポンプさんの名コンビ(?)です。アンカーボルトの位置もチェックし終わり、午前中には打設完了となりました。下の写真では、施主さんと、植音造園の和田さんが、北側の空地部分の造園の打合せ中です。桃の花が満開でした。
また、構造材を納入してくれる、木童の廣石さんも現場にこられ、木材の積みおろし場所も確定しました。かなり人海戦術に頼ることになりそうなので、くらしの工房も総出で手伝いする予定です。今から、作業の後のビールが楽しみかも…(笑)

03/25/2004 基礎ベース配筋
現場では基礎ベース部分の配筋を新納鉄筋さんが、作業してくれています。
設計図通りD13の異形鉄筋が、タテヨコ200ミリピッチ、上下ダブルに配筋されているのを確認しました。基礎のベース部分は、建物の全荷重を地面に伝える重要な部分です。敷地は地盤の強度があまり期待できなかったので、この様な配筋としました。(通常の住宅の1.5倍程度、建売住宅と比べると、2倍以上はあります。)
※一生懸命鉄筋どうしを結束している職人さんは、新納奥様です!

03/19/2004 掘削、砕石敷き、捨てコン
昨日からの予定が雨で一日延び、本日より基礎工事が本格的に始まりました。

重機で掘削して、そこに栗石、砕石を敷いていきます。
その上に防湿用のシートを敷き、墨出しのキャンパスとなる捨てコンクリートを打ちます。

新納鉄筋の職人さんが、ホームページにのる事を楽しみにしておられたようで、「写真はとりましたか?」てな事を聞かれました。
鈴木さん(重機に乗っている職人さんです。)バッチリ、アップしときましたよ!

専門工事業者の皆さん!ホームページにのりたい場合は、どんどん言って下さいね。
宣伝料お安くしときますよ!(冗談です)

03/09/2004 地鎮祭
地鎮祭の日がやって来ました。
本日は成(なる)の日といって、“新しく事をはじめるは吉”の日だそうです。

地鎮祭は現場近くの竈山神社さんにお願いしました。
神主さんの祝詞の後、刈り初めの儀などがあり、最後に玉串を奉納し、滞りなく終了しました。
お施主さんは、はじめてのことで緊張されていたみたいです。

工事業者の代表として、基礎工事の新納鉄筋の新納さんも参加してくださいました。

いよいよ来週から、本格的に工事が始まります。
各専門工事業者の皆様、お施主さんの素敵な家の為に、ケガや事故のないように存分に腕を振るって下さい。
よろしくお願いします。


02/27/2004 解体工事完了
本日で解体工事が無事終了しました。搬出経路の狭さ、既設建物との取り合いなど、施工条件の悪いなか、無事故で作業をしてくださった園部建材さんありがとうございました!m(__)m

02/20/2004 そとん壁の試し塗り
今日は外壁に使う予定の「そとん壁」という左官材料の試し塗りを、乾左官さんにしてもらいました。「そとん壁」とは、火山灰を原料に調合された塗壁材で、下塗り1回、仕上塗り1回の2工程で仕上がり、ローコスト(左官材料にしては…)、高耐久性を実現した、新しいタイプの左官材料です。

02/20/2004 解体工事
再利用する材の撤去もおわり、解体工事も順調にすすんでいます。
施主様にとって多くの思い出が詰まった建物が、解体されていく姿を見るのは、辛いものがあるのですが…。
たくさんの思いを受け止めて、新しい家をつくっていきたいと思います。

02/19/2004 木材保存
今日は、大工の井上さんが入っての保存木材の解体です。

再利用できそうな材料を保存しておいて、新しい建物の中で新しい命を吹き込もうという試みです。
地板、落とし掛け、床柱などなど・・・沢山の材料が生まれ変わりそうです。

休憩時に和歌山弁談議に花が咲きました。
独特の言い回しで、僕にとっては親しみやすい、温かい感じのする言葉です。
工事が終わる頃には、訛ってたりして・・・(笑)

02/18/2004 解体開始
本体の解体が始まりました。
細かいところは手壊しですが、ほとんどが重機で解体するので、始まると早いと思います。

工房日誌の大坪さんに対抗して、私も春を見つけてきました。
今日も本当に2月!?というような暖かい日でした。

02/17/2004 鉄板敷き
紆余曲折ありましたが、準備工事も一段落し、いよいよ解体工事の開始です。
解体工事担当は、園部建材さんです。

最初の仕事は、搬入経路にあたる道路に養生鉄板を敷くことです。
・・・というのも、道路の下に水路が走っていて、鉄板で養生しないと、その溝蓋が重い工事車両が通行することによって壊れてしまう恐れがあるからです。

前面道路も約2mと狭小です。
慎重に慎重を重ねて、鉄板を敷いていきます。
鉄板リース会社の方と園部さんの息もぴったりで、無事敷き終わりました。

明日、養生シートを貼って、明後日から本格的に解体に入ります。


02/06/2004 準備工事
解体までの準備工事が着々と進んでいます。

電気・給排水・ガスの仮設工事、工事車両進入路確保の為の植木の撤去・移植などなど・・・
早速、どの業者さんも大活躍です。

植木の移植が完了し、搬入経路も確保できました。

右奥の建物が今回建て替えるものです。

02/01/2004 契約式
いよいよ和歌山の住宅の始まりです。
本日は、工事に関わる業者さんと施主さんとの契約式です。
日曜日にもかかわらず、たくさんの業者さんが来て下さいました。本当にありごとうございます。

施主さん、施主さんのお父さんの話を聞き、責任の重さと共に気が引き締まる思いがしました。
さぁ!新しいメンバーでプロジェクトの開始です。!!

大阪の建築設計事務所 atelier waon(アトリエワオン)