自然素材にこだわった新築、リフォームなら設計事務所アトリエワオンで。大阪・神戸・奈良・京都・滋賀・和歌山が対応エリアです。

大阪で注文住宅・オープンシステムに取り組む設計事務所 アトリエワオン
くらしの工房

株式会社

atelier waon

祝上棟!

今日は上棟スペシャルです!

大阪では今朝方、結構な雨が降っていたのですが、
現場についてみると、うそのように良い天気で上棟日を迎えることができました。


お忙しい中、施主様ご夫婦も、現場に駆けつけてくれました。
今まで図面や、模型で何度もイメージを膨らませていただいたのですが、
こうやって実際に建物が建ち上がってくる姿を見ていただいて、
どのように感じておられるか、設計者も不安と期待にドキドキしたりするものです。


昼過ぎに棟木もあがり、祝上棟! となりました。
全ての構造材が、ピシャリと組み合わされ、パーフェクトです!!

プレカットを担当してくれた、中国木材の丸田さん、ありがとうございました。


当然、棟木が上ったからといって、建物が完成するわけでもなく、
大工工事はもくもくと続きます。
棟木が上ると、すぐさま垂木の施工に移っていきます。
これらの材料を総称して、羽柄材(ハガラザイ)と呼ぶのですが、
大工の井上さんが、事前にカットしてくれたので、
プレカット構造材と同様に、切れ目無く作業がつづきました。


道路から応援してくれていた施主様ご夫妻にも、
ヘルメットをつけていただき、現場の中へ入っていただきました。

掘りごたつを設置するための開口から、高基礎になった床下空間を
見ている姿です。
ナイスショットでしょ?(笑)

じっくり床下空間を見ていただき、掘りごたつ北側の畳を上げて、
床下へ長尺ものの収納ができるように、することになりました。
※詳しくは図面を描きます⇒大工の井上さんへ(笑)


工事用の梯子を使って、二階にも上っていただきました。

建物が建ち上がった感動だけではなく、今までイメージしてきたものと
何処が同じで、何処が違うのか? 施主さんと設計者が同じ目線で
現場を見れるというのが、緊張感があって僕は大好きなんです。


大工の井上おやっさんお手製の御幣に、ご夫婦で署名していただき、


大工の井上さん親子で、棟木に掲げてもらいました。
住まい手と造り手の、初めての共同作業ですよね。

上棟日に御幣を上げない現場が増えてきているそうですが、
施主と職人と設計者が三位一体でつくるオープンシステムでは、
この御幣にも大きな意味があるのではと感じました。


清酒と、塩、米で、四方清めます。


大黒柱にも!!
建物の神様にも、今日は美味しいお酒を飲んでいただき、
明日からの工事安全と、施主様にとってより良い家ができるよう、
みんなで祈願しました。


明日はマスタニスキャホールズさんによる、
本設足場工事が入ります。
建物外周には、養生シートが張り巡らされますので、
しばし建物の外観は見れなくなります。

--------------------------------------------------
自然素材にこだわった家づくり。新築、リフォームなら設計事務所アトリエワオンで。
注文住宅を大阪・神戸・京都・奈良・和歌山・滋賀で建てるならお任せください。
オープンシステムという分離発注方式で、デザインと価格をを両立させます!