自然素材にこだわった新築、リフォームなら設計事務所アトリエワオンで。大阪・神戸・奈良・京都・滋賀・和歌山が対応エリアです。

大阪で注文住宅・オープンシステムに取り組む設計事務所 アトリエワオン
くらしの工房

株式会社

atelier waon

ルーフィング施工

晴天に恵まれ、ルーフィング工事をおこないました。

仮設足場の外側には、メッシュシートが張り巡らされ、
建物外観は、しばらくお預けです。


野地板の状況です。
北側が6寸勾配、南側が1.7寸勾配という
勾配違いの切妻屋根となっています。

今回の工事では、イーストルーフ通気メタルという特殊なルーフィング材を使用しました。
このルーフィング材は、ルーフィング材に屋根通気スペースを確保するための
網状体が一体化された製品で、屋根通気工法の省施工を図ったものです。

上の写真が屋根に敷かれた材料です。
この網状体は、土木資材としても利用されているもので、
耐圧性についても実績のあるもので、この上から直に屋根葺き材を
施工することで、同時に屋根通気もできます。


施工担当は、小林板金さんです。
今日は社長息子さんが直接施工してくれました。
写真は、棟部分とトップライト廻りの防水補強用の
ゴムアスルーフィング(これが普通使用するもの)を施工しているところです。


軒先とケラバには、空気の導入口となる部材を取付け、
棟には板金屋根施工時に、通気棟を施します。


コーナー部が綺麗に留め加工されています。
隠れて見えなくなる部分でも手を抜かないということです!


ルーフィングの重ね代もしっかりチェック。

建物内部では、大工の井上さんが活躍中。

応援の大工さんもいなくなり、チーム井上3人体制となっていました。
筋交いの取り付けが完了したので、筋交い位置と金物チェックを行いました。


筋交い金物です。金物の種類、ビスの種類、本数を全数確認しました。
※金物にビス穴が残っていますが、これは予備用の穴なのでご心配なく・・(笑)


内部からチーム井上の姿が消えたと思ったら、
外部合板貼りが始まっていまいた。
サッシ開口枠材も全て終わり、12月20日にはサッシが搬入されてきます!

それにしても、屋根の上は寒かった・・・・。
 

--------------------------------------------------
自然素材にこだわった家づくり。新築、リフォームなら設計事務所アトリエワオンで。
注文住宅を大阪・神戸・京都・奈良・和歌山・滋賀で建てるならお任せください。
オープンシステムという分離発注方式で、デザインと価格をを両立させます!