自然素材にこだわった新築、リフォームなら設計事務所アトリエワオンで。大阪・神戸・奈良・京都・滋賀・和歌山が対応エリアです。

大阪で注文住宅・オープンシステムに取り組む設計事務所 アトリエワオン
くらしの工房

株式会社

atelier waon

ラス貼り

昨日は、午後3時頃まで工事用の水道が凍結していたらしいです!

その昨日から、外壁のラス貼り工事が開始されました。
工事担当は、㈱山商さんから派遣されたラス工事専門業者の東野さんです。

ラスとは、外壁に左官材料を塗付ける下地となる金網のことで、
そとん壁下地には、波型ラスといわれる材料を貼っていきます。

ラス貼りにも、専門工事業者がいるのだと、ビックリされる方も多いと思います。

左官材が塗りつけられると見えなくなる部分で、
尚且つ三日間程度の短い工期の職種なので地味な印象なのですが、
左官材料が外壁下地に固定される根拠となるものですので、
その重要さは言うまでもありません。

ラスを固定するステープルのピッチ、窓廻りの割れ止め補強ラスが
適切に入っているかをチェックするのが、工事監理者の役割です。


少し破れていた透湿防水シートも補修されていることをチェック!
(これは小林板金さんによる補修)

プロジェクトメンバーの中でも、最も地味な存在?かもしれないので、
敬意を表して動画UPです。
ほんと、手づくり感一杯の現場ですよね・・・。
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

内部では、正隆君が石膏ボードを貼ってくれていました。
これも、仕上材が貼られると見えなくなる部分なのですが、
コーナー部でジョイントをつくらないなど、後々割れが入らないように、
工夫して貼ってくれています。

このあたりが、販売して終わりの建売住宅と、
後々までお付き合いする注文住宅の差かもしれません。

この家には、工作室と呼ばれる、ご主人さんの趣味の為の部屋があるのですが、
完成前から、この部屋がセルフビルドの為のコーナーとして利用されています(笑)。
現在このコーナーには、塗装されたカリンフローリングが綺麗に並べられていました!

サンワカンパニーさんから購入したガラスブロックも搬入されました。

どこに使われるのかは、後のお楽しみ。

--------------------------------------------------
自然素材にこだわった家づくり。新築、リフォームなら設計事務所アトリエワオンで。
注文住宅を大阪・神戸・京都・奈良・和歌山・滋賀で建てるならお任せください。
オープンシステムという分離発注方式で、デザインと価格をを両立させます!