自然素材にこだわった新築、リフォームなら設計事務所アトリエワオンで。大阪・神戸・奈良・京都・滋賀・和歌山が対応エリアです。

大阪で注文住宅・オープンシステムに取り組む設計事務所 アトリエワオン
くらしの工房

株式会社

atelier waon

大阪の注文住宅設計事務所  注文住宅を大阪・奈良・滋賀・和歌山で建てるなら CM方式に取り組むアトリエワオンで。

ワオンニュース

2016.11.18

俄か職人

知人に頼まれて

カップを金継ぎで修理しました。

味のある作家物の器なので、少し荒さを感じる様に金の仕上げをしました。

さらっと言いましたが、仕上げが気に入らず金の修正を5.6回しました。

つまり、上手な人なら一回、金をまいて仕上げるところ

倍以上の量の金紛をまきました。

しかも、最終的には金の存在感をあげたくて金粉の号(大きさ)を大きくしました。

日本産の漆で本当の金を使います。

割に合わない仕事ではある。(やり直すのは私の勝手。)

でも良い経験と満足できる出来となりました。

俄か職人、職人の苦労を知る。

img_0767

と☆

2016.11.17

女子的晩御飯

ある日の晩御飯。

久しぶりに姉と待ち合わせをして食べた晩御飯がこれ。

女子には時々こんな晩御飯でいい時がある。

女子が何歳までなんて議論はどうでもいい。

「女子トイレ」は何歳になっても「女子トイレ」だ。

えっ?そんな話どうでもいい?

img_0734

と☆

2016.10.25

2年目の庭

早くも引越しから1年が過ぎ2年目に入りました。

2年目の庭は、、、、、何も変わりません。

邪魔な枝を切って草抜きしたくらいかな。

一年たってやっと植わってる木が何か分かるという呑気なペースで見ています。

で、新しい発見は「むかご」が取れるということに気がつきました。

はじめてまじまじとむかごの蔓をみた。。

ああっ南天の木に巻きついてたのに根こそぎ抜いたやつだわ。。

でも、残った蔓から「むかご」を収穫し、新米と頂きました。

美味い!!地味に美味い!!

来年は抜かずに残しておこう。

私の庭計画はいかに収穫出来るかが第一条件です。

色気より食い気ですが何か?

と☆

2016.10.20

栗の季節

10月に入ってすぐ栗ご飯を炊きました。

その時、栗の皮むきがつらいので皮むき用のハサミが欲しい

どうしたものかと言っていたのですが。。。

なんと、家の近くの農産物直売所はもう栗の定期的な入荷は終わったとのこと。

あとは生産者都合で少量、単発で入るだけだと。

「今年は暖かかったしねー。」そ、そうなの?

栗の季節はまだまだ続くのでしょうが、私の栗を買う機会はもうないと思われる。

だって栗って高いので地元のは地産地消の精神で買うけど

地元以外では躊躇する。けちだから。。。

つまり、必然的に私の迷いは来年に持ち越しです。

誰かがむいてくれた栗を食そう。

と☆

私にとってのいい家って何かな。。。

今、新しい家に入って一年になるけど、あまり片付けは進んでいない。

もちろん、住むに不自由しない程度には片付いている。

でも、あそこをこうして、ああしてと変えたいところはまだある。

そしてそれらを考えるのはとても楽しい。

日陰の庭もそう。

こんなの植えたらいいかな。ここをブロック積んで高くしたらもっといいとか。

でもすでに、次の家はこんな立地で間取りはこうでとかを考えてもいる。

ひとつ家が現実の形になったところで、自分の要求が良く分かる。

そうか、、私は窓から見える風景がかなり大事なんだと分かった。

家はひとつじゃ収まらない。というか分からない。

みんな、家を一生に1回と言わず、2回,3回と建てれるようにならないかなー。

そしたら本当にいい家、沢山出来ると思う。

            img_0715

こんな絶景の家とかいいよねー。

と☆